180330

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌、竣工写真の整理も完了。 桜も咲きました!

WORKSに竣工写真の掲載も完了。

待合室から眺める庭。

枚数が多くなるので夜景は掲載しませんでしたが、大庇を明るく照らし、まちの風景も寄与するクリニックが出来たと感じています。 4月からスタッフさんも含めて開業準備が始まり、4月22日に内覧会、4月24日にいよいよ開院です。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/03/21/

  

180322

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 解体工事を終え、地鎮祭を行い、基礎工事に着手。
水産資源も豊富な宍道湖に近接する敷地に建築する住宅です。

よなご脳神経クリニックにも引き続き、施工はいつもお世話になっている辻工務店さんです。 地縄を張ってもらい、建物の位置も施主さんと再確認。

そして、地盤改良に着手。

辻さんとこの作業場には構造材も到着。

構造材は手刻み、一本一本墨付けが進行しています。

化粧材の選定では、もう少し素性の良いものを追加しようかなど相談したり。

そして現地。 地盤改良も完了し、掘方、型枠を終え、いつもお世話になっていますの遠澤工業さんが鉄筋工事。

手早く正確に組んでくれているので、サクッと鉄筋検査も終え、明日基礎底盤打設の段取りです。 上棟式の日取りも、4月10日に決まりました。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/02/15/

  

180321

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌! 先週は 日吉津の家でもナイスな仕事を披露してくれた前田造園さんの植栽工事が進行しました。 前田造園さんには、米原の家三本松の家彦名の家新開のクリニックでも植栽でお世話になっています。

まずは土作りから。

通学路側に植栽をして、小学生にも優しいクリニックを。

敷地南西側より。

LEDのバックライトを仕込んだチャンネル文字の看板。 自転車小屋東側は敷地から引いた場所からもよく見えるので、壁面横いっぱいを使ってサインとしました。 ロゴ、看板のデザインはうかぶLLCの三宅さん。 サイン工事は染創さんにお世話になっています。

待合室前の庭。 地中にも空気が行き届くように竹を刺して埋め、枝葉などを表層より下に埋めてくれています。

植栽工事も粗方完了の図。 写真では伝わらないけれど、表層に巻かれた木のチップも良い香り。

廊下に面する中庭。

内部、ピクトもうかぶの三宅さんのデザイン。 体験入社中の新卒さんと一緒にピクトも貼ってくれました。

↑ おまけ。 植栽工事終盤、土曜日の午後。 庭づくりしている前田さんたちが楽しそうに見えたようで、近所に住んでいる小学生の二人が仲間に加わっていましたの図w

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/03/10/

 

180310

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌、辻工務店さんの建築本工事もほんとに後少し! 上の写真は、美装を終えた晴天の今日。

自転車小屋兼看板は、LEDバックライトのロゴと箱文字を取り付ける工事のみ。

こちらは道がクランクしてあまり見えないので大きな看板は付けませんが、反対に大きめのサインをつけます。 エントランス側、道路脇にも自立看板が残工事。

空が青いのが嬉しくて外観を撮影してみたり。

今月の工事の様子。
いつもお世話になっていますの KICK’S の皆様がシナ合板を染色してくれました。

多林製作所さん、建具と家具を据え付けてくれました。
美装も終わって、ようやく現場もキレイに。

診察室。 処置室、検査室へと、ストレートなスタッフの動線。

処置室より。

リハビリ室。

待合室。 国頭家具さんよりベンチも到着。

Kitoki の WA+KO SERIES。 少し懐かしい感じのかわいいベンチです。 今日は、スタッフのみなさんも初めてお互いに顔を合わされ、和気あいあいとユニホームを選んだりされていましたw 来週には建築工事を終え、植栽工事が着手となります。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/03/02/

  

180302

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌、工事終盤の様子。
ようやくガラスも嵌りました!

2月24日、アスファルト舗装。

2月25日、ガラス面の養生を撤去し木部の塗装。

2月26日、木製建具の建込みと、ガラス面の施工。

2月27日、軒下のモルタル刷毛引き。

看板も兼ねる自転車小屋も同時並行に進行。

屋根、シート防水を施工。

外壁、小波板貼りの様子。

夕日ヶ丘の家新開の家米原の家と同様に、出隅なども役物を用いず、出隅でキレイに折り曲げておさめて貰っています。 設計段階で山のピッチ(約32mm)で丁度に出隅がくるよう下地同縁の厚さも考え設計していますが、若干の伸び縮みなど、何処で寸法を逃げるかも現地で話したり。 吹野板金の番頭さん、いつもお世話になっているので、直ぐに設計の意図も汲んでくれ、打ち合わせも短時間でスムーズ。

巨大ガラス面、シーリング工事。 コチラもいつもお世話になっている職人さん。 今日はいろいろガラス廻り以外も相談したり。

内部よりガラス面を見るの図。 日吉津の家上道の家灘町の家岡成の家大社の家三本松の家彦名の家中島の家と、既に10年やり続けてきた、建具の框を内部から柱や梁や枠に被せて見せないつくり方。

120mm巾の柱に、60mm見付けの建具縦框を二本おさめてます。 高さが3.5m近くある建具なので、設計段階からいつもお世話になっている多林製作所さんにも、相談を重ねてきた建具。

↑ おまけ。 受付カウンターの細かなつくり方を模型で確認し、多少の設計変更を行なったり。当初の工期より全体的に少し押していますが、ホントのホントに終盤になりました。 明日は、室内建具等の建て込みです。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/02/19/

  

180226

昨年の岡成の家に続き、今年も中国電力さん主催の”エネルギア住宅作品コンテスト“で審査委員特別賞を受賞しました! 村上徹先生に講評いただいたことも本当に嬉しく、また昨年に引き続き懇親会や、それに続く呑み会での建築談義も本当に愉しかった。 審査委員の宮森洋一郎先生の事務所でも入賞者たちと呑み、(酔っ払ってなければもっと細かく見れたかなとも思いますがw)凛とした建築でとても勉強になりました。

   

180219

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌。またまた一ヶ月ぶりの現場日誌更新、昨年ほど降らなくて良かったですが、雪のため外構工事のスタートが少し遅れました。

この一ヶ月、まず大工工事と取合いのある据付け家具工事が完了。 壁貼りも終え、天井、壁のシナ合板の染色、続いて床仕上げを貼るため、レベラーを施工して床を平滑に。 上の写真は、待合の半分までレベラーを終えたトコロ。

こちらはリハビリ室、レベラー完了。

廊下、左官の下地をカップで磨きますの図。



診察室、処置室、ロッカールーム等も同様の工程を経ています。

MRI室も機器の設置、調整、検査にも時間掛かっていました。

待合室ベンチ。 座面ウレタンの厚さが違うサンプルをつくって貰い、実際座って確かめたりなど。

そして本日、明日のアスファルト舗装に備え、路盤が整いましたの図。

待合室から、床のコルクタイル貼りも始まりました。

自転車小屋の建て方も完了。今週は遅れを取った、巨大なガラス面と建具の施工など、特に大事な工事が目白押し。こっからは本当に終盤の大詰めって感じです。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/01/19/

  

180215

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 昨年中に設計を終え、1月中旬より解体工事を行い、本日無事に地鎮祭が執り行われました!

南東より模型を眺めるの図。 宍道湖沿いに位置するこの住宅は、1階にご両親、2階に息子さんご夫婦が住まわれる二世帯住宅です。

北東より模型を眺めるの図。 一番の特色は、2階のLDKが南北に筒状で抜けのある空間になっているというトコロ。

独立後は初の仏式の起工式。 鍬入れの砂山が四角かったり、お供えや鎮め物が違ったり、神道の地鎮祭とは似て非なる儀式。 土地と水と火の神様を大切にして、この場所を日々綺麗に保ち生活しましょう! という当たり前のようでもあるけど、日々心掛けが大切だなと思わせてくれる教訓を住職さんからいただき、本日の起工式は終了。 余談ですが、西浜佐陀の家グラムデザインの中では記念すべき50番目のプロジェクトです!

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/05/11/

   

180119

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌。 本日はMRIの搬入で、レッカーも参上、車も人も出入りの多い一日でした。 気がつけば一ヶ月ぶりの現場日誌更新です。

昨年末は、キュービクルを設置して終了。

先週は雪で外構工事を見合わせました。

内部、待合室に関しては大工工事も完了。

廊下もほぼ大工は終了しています。

診療室、処置室、検査室は、壁を残すのみ。 大工工事に先行して設置する家具工事待ち。

リハビリ室の壁、ドクター休憩室などの壁貼り等、内部の大工工事も今月中には粗方終わる見込みです。

CT室、クロス貼り。

事務室兼スタッフ休憩室、MRI設置に備え、分電盤の作業も完了。

操作室も機械が入るので、ギリギリですが昨日シナ合板の染色も完了させました。 床は待合室から同じ仕上げを貼り伸ばすので、機械を動かしながらの床貼りを計画しています。

そして本日、朝からMRI搬入経路のステージ組みがスタート。

ステージ組み完了し、MRI設備の機械を搬入。

MRIマグネット架台、コレが一番重たくて5,700キロ。 搬入経路は確保して設計していたものの、実際に見てみないと解らないこともあるので、搬入の様子を見学してみました。

レッカーで吊って、重量量台車に設置。 この重量用架台、レバーをラチェットレンチで廻すことで微妙に前後に移動させることもでき、ステージに下ろして以降は手動操作でMRI室まで搬入されました。

旋回。

MRI室へ。 搬入設置して、調整にも2周間程度掛かるということだそうです。

外構工事にも着手しました。 来週もまた寒くなるらしい。 外仕事は天候にも左右されます。

↑ おまけ。 MRI搬入のため上部に纏められていますが、中庭の樋 HACOensui。 吹野板金さん、(図面通りだけどw)よい感じにスッキリと納めてくれました。 右の外壁部から顔を出すパイプは、MRIのチラー管。 普通は450角程度の換気扇カバー等を付けるようですが、MRI設備等の医療機械設計担当者さんと相談して、ステンレスのチラー管そのままで外部に見せれるようなカタチにつくったりもしてみています。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/12/21/

  

171221

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌。 ついに足場が取れました!
写真ではスケール感も伝わりづらいですが、横幅19間(34.58M)、奥行き7間(12.74M)、そこから南に2.40M、東西と南に1.05M、庇を伸ばした建築です。

ブルーシートの面はMRI搬入のため後施工。 MRI据え付け後に壁面を施工します。

木製建具による巨大ガラス面も、ビニールシートや合板で風避けを設置。

現在、待合室は大工の資材置場兼作業場。

診察室、処置室、検査室のシナ合板貼りが進んでいます。

リハビリ室、天井の杉板貼りも完了しました。

ガラスや木製建具の据え付けも楽しみ。

MRI室、理研EMCさんがシールド工事を進めてくれています。

鋼板貼りの上、ボードを貼っての銅箔貼り。

銅箔を融着させていますの図。 鋼板と銅箔で外からも内からも電磁波が漏れないという不思議。

再び外部。 年内にキュービクルを設置するため、機械置場の仕上げを急いでいます。

↑ オープンの日程も決定! サイン等のデザインは、はまもと整形外科クリニックさんでもお世話になった、UKABU.LCC の三宅さん。 柔らかな印象のロゴもナイス!

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/12/08/