BLOG

210528

[project 060/ふくい内科クリニック]
ふくい内科クリニックさん、建築日誌。 無事上棟しました!


一日目、下屋大屋根の梁、合板下地まで。


二日目、1階屋根下地、2階屋根下地まで無事完工。


そして本日、晴れ間の朝。 外壁下地(構造用面材)貼りも進み、建物のボリュームも現れています。 木工事については構造用金物の取り付けを進め、来週の頭より下屋大屋根の防水工事に掛かります!

ふくい内科クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/05/25/

   

210511


[project 060/ふくい内科クリニック] + [project 061/かみふくばら薬局]

先月にお引越しを済ませ、既にオープンしていた かみふくばら薬局さん、従前の店舗も解体が完了し、前面道路からも外観全体が見れるようになりました!

店舗部分には、45度で二箇所折れ曲がったカウンターを中心に配置。

待合いスペース、カリモク60、FDB MOBLERのチェアは、米子のグリニッチさんにて薬剤師さんのチョイスです。

西隣ではふくい内科クリニックさんの新築工事がスタート。

丁張、掘方、土間下配管、外型枠を終えて、鉄筋工事中。 いつもお世話になっていますの遠澤工業さん、でかくて終わる気がしねぇと言いながらもコツコツ鉄筋組んでくれています!

ふくい内科クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/04/14/

かみふくばら薬局 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/02/26/

   

210421

[project 064/ Kクリニック]
Kクリニックの地盤調査に立ち会っってきました。 実施設計も後少し!

東側道路の暗渠(カルバートボックス)がKクリニックの新築工事と同時期に施工となるため、市の街路整備科さんや、確認申請、その他ハートビル関係、景観法関係の条例、及び、消防の協議なども。 現地にて、新人スタッフ住田くんが時間を掛けてつくった模型も撮影してきました!

Kクリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/01/19/

   

210414

[project 060/ふくい内科クリニック]
本日、無事地鎮祭も執り行われ、いよいよ本格的に建築工事に着手していきます!

ふくい内科クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2020/12/30/
↑ “ふくい内科クリニックさん“の模型写真はコチラのブログに掲載しています!

   

210410

[project 058/ おくだクリニック] + [project 059/ クローバー薬局]
打合せ時間の合間を縫っておくだクリニックさんの内覧会へ。


多くの御祝いに駆けつけたご友人や関係者さんなどで盛況を博していました。
4月12日より開院です。


一足先に開店しているクローバー薬局嫁島店さんも、良い感じで夜景も目立って、通りのアイキャッチ的な存在になってくれています。

おくだクリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/01/28/

クローバー薬局 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/01/28/

   

210331

大山の麓に建築した僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 小学校入学直前に岡成に引っ越してきて6年、長女が無事小学校卒業! あっというまの6年でした。

今月、ブログなかなか更新できませんでしたが、かみふくばら薬局さんも新築工事は完了、来月18日にお引越しして既存の店舗を解体予定。 ふくい内科クリニックさんも来月14日に地鎮祭を執り行う段取りとなっております。

田後のアトリエ住居については、基本的なボリュームはそのままに中の間取りをコロコロ入れ替えなど。 土地が広いので、来週にどの位置に建てるかを実際の土地に杭と地縄を張ってみる段取り。 Kクリニックは、新人くんが3週間掛けて模型を完成! 天気の良い日に模型写真も撮影します。 彦名の家3は、農地転用する土地を確定するため、土地と建物の地縄を張って、敷地を確定しました。 令和2年度、今日で一応区切り。 止まることなく来年度も精力的に動きます!

   

210226

[project 061/かみふくばら薬局]
かみふくばら薬局さん 現場日誌。 外部の工事も終え外部足場も外れました!

ファサード近景。 建物を小さくせず極力経済的に床面積を確保するかが、本プロジェクトのテーマ。 夕日ヶ丘の家新開の家米原の家 同様に、外装をガルバリウム鋼板の小波板貼り。 いつもお世話になっていますの吹野板金さん、出隅なども役物を用いず、外壁下端から上端までバッチリおさめていただきました。 UKABU.LCCさんにデザインしてもらった新しいクジラのロゴもナイスです!

大判のペアガラス嵌め込み。 スペーサー見掛り部分の微調整を繰り返して貰い納まりましたの図。

店舗部分内観、大工工事は全体を終え、床のタイル貼りも進んでいます。

調剤室内観。

階段に手摺も取り付きました!

2階。

天井が一部外れているのは点検口。 点検口部分のみ小さなビスで止めて、目立つフチありの点検口をつけないなど、スッキリとつくるのも小さな操作の積み重ねです。 来週、日曜に施主さんと床塗りの段取り。2階はそれまでに内装工事も終えてしまう予定であります。

かみふくばら薬局 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/02/04/

   

210220


菊竹清訓 山陰と建築(島根県立美術館)。 先週の日曜にやっといけました! 米子の「東光園」、島根の「旧島根県立博物館」、「島根県立図書館」、解体されてしまったけれど「出雲大社庁の舎」などなど。 山陰外から友人が来て案内する近代建築は「菊竹清訓」大先生設計の物件が概ねメインです。 そんな菊竹先生の山陰地方の建築に加え、代表的な作品、生涯を通じて取り組んだ未来都市の構想など、魅力を存分に紹介してくれる企画展。 スカイハウスの屋根(1/1原寸模型)も体感してきました。 キッズも連れて行って、常滑のおばあちゃんち(妻の実家)はおじいちゃんが EXPO’70の仕事で、陶壁つくりに行っていたときに知り合った菊竹先生のお弟子さんが設計したんだよー。 とか、おとうさん(自分)の師匠の師匠は、島根県民会館設計した安田臣って人なんだよー。 などなど、キッズにも身近に感じれるように話題を付け加えて散策。 今は無き世界にも実現の数少ないメガロマニアックアーキテクチャー、エキスポタワーの立断面がめちゃくちゃ恰好良ろしかったです。 後半、少し展示が入れ替わっているようなので、再度足を運ぼうと思っています。

  

210209


https://www.city.yonago.lg.jp/33126.htm
自邸 ”岡成の家” が、「第11回 米子市都市景観施設賞 受賞施設」を受賞いたしました! 2015年2月、岡成に引っ越し、それから6年。 小学校入学前だった長女も、もうすぐ中学生。 大好きな思想家の爺ちゃんが、最後には望郷の念しかないって言っていました。 この自然豊かな風景に佇む家が、木村家のキッズが懐かしんでくれる、心の風景になってくれたら最高だと思っています。