大社の家

taisya-01taisya-02taisya-03taisya-04taisya-05taisya-06taisya-07taisya-08taisya-09taisya-10taisya-11taisya-12taisya-13taisya-14taisya-15taisya-16taisya-17taisya-18taisya-19taisya-20taisya-21

大社の家 (House in Taisya)
 
島根県出雲市に建築した、南北には対象で同じ立面を持つ切妻。 祖母と両親が住まう住宅に隣接する農地の一部を宅地に変更して住宅を建てたたいという要望で、両親の住宅との距離、南面の接道、北に広がる出雲北山の眺望を勘案し、配置と平面計画の調整から設計を始めた。 配置としては南面に農地を残し、建物の西半分を母屋の縁と向かい合う位置、東半分は北側に出雲北山を望める位置として、宅地を旗竿に切り取り建築の敷地を決定した。 切妻の深い軒は、夏は厳しい日差しを遮り、冬は暖かい光を導きいれる。 軒と土間の空間は、外部と内部の境界を曖昧にし、心理的にも室内に居ながらも大らかに自然と対峙できる状況をつくり出してくれる。 庭と畑を両親と住みながら手を入れて育てる住宅。
 
所在地   :島根県出雲市大社町
主要用途  :住宅
工事種別  :新築
構造/規模 :木造/平屋建て
床面積   :103.74㎡
設計期間  :2012年10月~2013年7月
竣工    :2014年8月
 
 

<WORKS