新開山本クリニック

shinkai-yamamoto-clinic-01shinkai-yamamoto-clinic-02shinkai-yamamoto-clinic-03shinkai-yamamoto-clinic-04shinkai-yamamoto-clinic-05shinkai-yamamoto-clinic-06shinkai-yamamoto-clinic-07shinkai-yamamoto-clinic-08shinkai-yamamoto-clinic-09shinkai-yamamoto-clinic-10shinkai-yamamoto-clinic-11shinkai-yamamoto-clinic-12shinkai-yamamoto-clinic-13shinkai-yamamoto-clinic-14shinkai-yamamoto-clinic-15shinkai-yamamoto-clinic-16shinkai-yamamoto-clinic-17shinkai-yamamoto-clinic-18shinkai-yamamoto-clinic-19shinkai-yamamoto-clinic-20shinkai-yamamoto-clinic-21

新開山本クリニック (Shinkai Yamamoto Clinic)
 
鳥取県米子市内にある医院から透析部門を移転する工事。 既存クリニックの問題点を解消するため、ドクター、技師、看護師、各々の要望を調整し、協議を重ね設計した鳥取県最大規模の透析専門施設。 透析治療は通常週3回の通院が必要となるため、通院することのイメージを柔らかくするべく、外構の植栽スペースを多めに取ることを提案し、夜間のライトアップにも配慮して設計を行った。 クリニックの内装に関しては、常に透析ユニットごとにスタッフが数人ついて動かれておられるので、そのスタッフの明るい対応が視覚的にも際立つよう、色の主張がない内装としている。
 
所在地   :鳥取県米子市上福原
主要用途  :診療所
工事種別  :新築
構造/規模 :鉄骨造/平屋建て
床面積   :1294.21㎡
設計期間  :2010年5月~2010年12月
竣工    :2011年7月
 
 

<WORKS