彦名の家2

hikona2-01hikona2-02hikona2-03hikona2-04hikona2-05hikona2-06hikona2-07hikona2-08hikona2-09hikona2-10hikona2-11hikona2-12hikona2-13hikona2-14hikona2-15hikona2-16hikona2-17hikona2-18hikona2-19hikona2-20hikona2-21

彦名の家2 (House in Hikona2)
 
クライアントが不動産情報に頼らず探した敷地の候補を見て廻り、建築可能な土地か調べて廻ることから計画は始まった。 100坪以上の敷地、車通りが少なく狭くはない道路との設道がある土地、生活の中心となる開放的なリビング、外部から視線を気にせず生活できる住宅。 以上の要望を勘案し、大きな吹抜けを持つリビングを中央に配置し、三つの坪庭、テラス、その他の必要諸室をリビングを囲うように配置して設計した、平面”回”の字型、断面”凸”の字型住宅である。 要望に見合った建築の設計と同時進行にて敷地の確定を進め、住宅の規模が確定した時点で購入する土地の広さも決定した。 市街化調整区域で今後住宅などの建築は考えにくい南東側に名峰大山を仰ぎ、北西側に余裕のある駐車スペースを確保、幅員6メートルの道路と設道している。
 
所在地   :鳥取県米子市彦名町
主要用途  :住宅
工事種別  :新築
構造/規模 :木造/2階建て
床面積   :153.40㎡
設計期間  :2011年6月~2012年3月
竣工    :2013年1月
 
architecturephoto.net” の特集記事に掲載されました。
建築知識 (2013年3月号)” 特集記事の事例で掲載されました。
建築知識 (2014年4月号)” 特集記事の事例で掲載されました。
 
 

<WORKS