WORKS FLOW

ARCHITECTURAL DESIGN WORKS FLOW
(建築設計業務の流れ)

 建築の設計、監理の業務の流れについて、新築の住宅を例に取り上げ紹介します。
 その他の用途も基本的に流れは同じですが工事に掛かる期間,費用等が異なります。

1.お問合せ
 お電話や E-mailなどでご連絡下さい。設計相談の段階では料金は発生いたしません。 まずは、お気軽にご一報下さい。

2.初回打合せ
 直接お会いして、設計監理新しい住まいへのご要望、将来計画、その他、具体的な条件などについて雑談を含めたお話の中からお伺いさせていただきます。同時に私達の仕事の内容、仕事に対するこだわり等もお話させていただき、双方の考えを理解し、気持ちが一致した時点で依頼をいただければ 企画提案(ラフプラン)の作成に移ります。また、建築をお考えの土地がある場合にはこの時に、資料を一度拝見させてください。

3.企画提案 (約1ヶ月)
 設計依頼を検討していただくために、計画する敷地の実地調査、法規上の条件を調査した上で、ご要望,ご予算に応える企画提案(ラフプラン)を作成させていただきます。

4.設計契約
 私達の設計監理料は、国土交通省告示第15号の料率計算式をもとに独自に算定し直し設定しています。詳しい説明は、事前に書面にて詳しく説明させていただきます。

5.基本設計 (約2~3ヶ月)
 基本構想をもとに、設計図や模型などを用い入念な打合せを重ね、更に細かい要望を確認し、総費用を調整しながら実際の設計を進めていきます。

6.実施設計(約2~3ヶ月)
 基本設計で作成した図面をもとに設計内容の詳細を詰め、仕上材料、照明器具、衛生器具まで細かく想定し、施工会社が見積り、工事をするための図面を作成します。 この時期、私達がクライアントに代行して確認申請機関に確認申請を提出し、確認済証の交付を受けます。

7.施工業者の選定(約1ヶ月)
 実施設計で作成した図面をもとに、複数の施工会社に見積りを依頼します。 施工業者の見積りの内容が妥当であるか検討し、技術,施工能力などを総合的に判断し、施工業者を選定します。 予算をオーバーした場合には、予算内に納まるように設計内容を見直すこともありますが、請負金額,支払い方法,工期に納得いただいた上で、お施主様に施工会社と工事請負契約を結んでいただきます。 私達も設計監理者として工事請負契約には立会いをします。(信頼のおける施工業者へ特命で見積り依頼する際にも同様に金額調整を行います)

8.工事着手から引渡しまでの現場監理業務(約3ヶ月~約6ヶ月)
 クライアントと施工業者で工事請負契約を締結していただくと工事が着工します。私達はお施主様に代わり、工事が設計図書や工程通りに行われるよう、使用材料や施工図のチェック、各種工事の施工検査を行います。私達も定期的に現場を訪れ、進行状況のご報告をさせていただきますが、クライアントにもなるべく現場に来て見ていただくことをお勧めしています。 施工会社の工事が完了した時には、確認申請機関の完了検査を受け、私達とクライントの立会のもと竣工検査を行い、手直しがあれば手直しした後、引渡しとなります。

9.竣工引渡し後
 引渡し時には、各種書類と鍵の引渡しと共に、建物、設備について取り扱い説明を行います。 いよいよご入居していただくこととなりますが、引渡しの後にも瑕疵検査を実施すると共に、メンテナンスに関してなど、様々なご相談をお受けしながら良いお付き合いをさせていただきたいと考えています。