170214

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌、2月中旬まで! 先日も雪、鳥取市は90センチの記録的大雪だったようですが、鳥取西部は前回大雪の6割程度だったと感じます。

玄関。 戸袋も建ち、内壁下地の野地板貼りも完了しました。

リビングダイニング。 内壁で使用するシナ合板も搬入されています。 シナ合板はいつも通り、予め直角を出して裁断してあります。 予め裁断してないと微妙に矩(カネ)が出てない。 矩(カネ)が出てないというのは、直角でないという意味であり、直角でない材料はキレイに貼るのが難しいのであります。

主寝室。

子供部屋。

パントリー。

キッチン。

再びリビングダイニング。 下地も組めたので、2月後半は内壁シナ合板貼りが進行します!

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/02/08/

  

170208

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌、2月上旬の様子。

外壁、竪貼りの杉板ジョイント部に押縁を真鍮釘留めで仕上げて来ていますの図。

外壁ディテール。 外部足場撤去も間近です!

内部フローリング貼り。バーチ(カバ)はキメの細かい優しい木目。

フローリング貼りと床養生完了の図。

1階天井貼りも完了。

辻工務店さん倉庫より地松の幅広を選ばせてもらい現地搬入。表の建具下枠兼段框に使用します。

ダウンライトも開口完了。

↑ おまけ。戸袋下地を組み始めました。いつも通り、戸袋下地はスチールアングルで補強。 戸袋の造作が終わり次第、壁下地の施工に掛かります。

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/01/24/

   

170124

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌、1月中旬から後半に掛けて!

前回業務日誌では、透湿防水シートが貼り始めでしたが、玄関ポーチ廻り以外は、外壁の杉平板竪貼りが完了! 続いて杉平板のジョイント部分に、押縁を施工します。

1階内部、壁面の断熱材、高性能グラスウールの充填も粗方完了しました。

天井のシナ合板貼りも開始。

自邸の岡成の家と同じく、棟持ち柱が支える大屋根。

2階(ロフト)の床は既に完成していました! シナ合板を下地構造用合板厚板に仮釘で押さえて圧着。

外部木製建具枠廻りは、雪が入らないように養生中。

この日、僕は大雪のため家から車が出せず、スタッフに近くまで迎えに来てもらって現場に駆けつけました。 岡成積雪70センチ、米子(事務所)は積雪30センチぐらい、境港(上道の家)30センチ弱。 境はまだマシだなとは思いましたが、現場も寒くて大変です。 外部が仕事しにくい時は、内部の工事を先行。 天井が終われば、続いて1階床のフローリング貼り、壁下地の大工工事が進行します!

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/01/12/

   

170112

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌! 外部木製建具の取り付けが完了しました!


リビング南面。

リビング内観。


リビング北面。

透湿防水シートが施工され始めていますの図。 外部施工には寒さが厳しい季節に突入していますが、ヘルプの大工さんも駆けつけ、杉板の軒天貼りまでが完了しています!

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/01/07/

   

170107

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌、新年一発目! 素晴らしい冬晴れ、現場の作業は昨日6日から!

昨年末に予めの加工を済ませていた木枠の取り付けが、今年初めの作業。

灘町の家でもあった、引分けの木製建具枠の取り付け。 上の写真は木枠上端。

そして下枠。 灘町の家ではレールは土間に直付けでしたが、今回は軒下を枕木敷きとするため、下端も木枠。 ステンレスの金物で固定しておりますの図。 来週も暫くは木枠取り付けの大工造作が続きます。

おまけ。 気持ちの良い軒下の図。

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2016/12/27/

   

161227

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌、上棟その後! 南側空地を介しての全景。 棟上げ後は、改質アスファルトルーフィングの屋根下地の状態でしたが、屋根の板金工事も完了!

建物内部東側、居間となる空間。

建物内部西側、寝室となる空間。

筋交いと間柱の設置、及び、構造用金物の設置までが完了しましたの図!

柱脚、ホールダウン金物(20KN)。

柱勝ちは、テックワン(タツミ)を使用。 柱頭など構造現しで、金物が視覚的に邪魔に見える部分にも、タツミさんのホールダウンパイプを使用したりしています。

出隅柱脚、15KN用の内使い金物(合板仕様)。

1階柱頭、同じく15KN用の内使い金物。

登り梁はボルト締め、垂木梁は天井現しの合板で固めて面剛性をとり、その上の流し垂木はタルキックⅡを使用して固定するなどなど。

軸組模型で構造を検討した上、上図のような平面的な伏図を各面描き、下図のような軸組図に金物まで全て描いた構造図を元に現地をチェック。




同業者にも、軸組模型までつくらないけんかや?とか言われたことありますが、建築も動物と同じで骨格が良ろしくなければ、どこかに無理がでて健康でないような気がしてなりません。 軸組模型を基本構想として、構造金物まで丹念に図面へ描きます。 バッチリ造り込んでくれている、監督辻さんと、大工ヌノムラさんにも感謝! ヌノムラさんは以前に米川の家も担当してくれていて、既存の梁と内装ラワン合板の取合いも、素晴らしい精度でおさめ、感激させてくれた大工です。

↑おまけ。 ロフトも間柱、筋交い、構造用金物まで完了。

ロフトより、リビングダイニングを見下ろすの図。

予め作業場で加工された外部木製建具の枠材(無地の桧)が搬入されています。 続いてマグサ(枠の上下受材)を付け、木枠の施工が始まります!

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2016/12/18/

   

161218

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌! 上棟二日目、午前の打合せを終えて駆けつけた現場。 庇も掛かりました! 上の写真はリビングより軒を見ましたの図!

垂木を掛け、庇を伸ばしています。

LDKの天井。

屋根の断熱はフェノールフォーム。

鼻隠しに屋根通気のため、亜鉛めっきの金物を取付け。 屋根の通気は鼻隠しから給気、棟で排気を行います。

天井配線、フクダ電気シゲトメさんは昨日から待機。 待機と言えど大工の手伝いもしてくれてましたw

構造現しのため、断熱材の施工と同時に配線の仕込みの作業を終えてくれています。 米原の家で本線引き込みの作業を終え、フクダ(フクダ電気)さんも現場を確認に来てくれました。

屋根の断熱も施工が終わり、屋根下地貼りが始まりましたの図。

屋根下地を初めて、内部から軒が見えるようになりました。 施主さんも屋根が出来た時点で、既に住みたいと言ってくれていますw

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2016/12/17/

   

161217

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌! 無事棟が上がりました!

まずは四隅に、塩と煮干し、お酒を掛けてお清め。

施主さん、監督挨拶すませ、柱立てを開始!


柱が粗方立ったところで、南面の桁を渡す。


前面道路側、北面の桁も渡す。

続いて、2階(ロフト)の床梁を繋ぐ。





2階の床下地、構造用合板の厚板を配す。

合板で養生した棟持ち柱を立てる。

玄関ポーチ側より。

尺2寸のせいがある棟木。

棟木を掛ける。

棟木を繋ぐ。

棟木の仕口は、追掛け大栓継ぎ。

登り梁を掛け始めるの図。





続いて垂木梁を掛ける。

北西より全景。

LDKを支える棟木と棟持ち柱と登り梁。
普段の行いが良いからか、晴れ間も見えましたw

南側の空地を挟んでの全景。

化粧の垂木梁、杉の色味と設置の順を最終チェック。

レッカーに材木の荷下ろし位置を指示してくれている、現場監督辻さん。

登り梁や棟木の間を縫って、垂木梁を下ろすの図。化粧の材をぶつけないよう細心の注意を払っていただいてますの図。




LDK見上げ。



こちらは子供部屋となる場所。

梁掛け終了で一時片付け。

続いて天井に現しの構造用合板貼り。



北側、前面道路よりの全景。

南東より。

北北西より。

寝室の天井が見えてきたの図。

片付けをしながら、餅まきのステージを設営。


当日、ご近所の方々や施主さんのご友人など、沢山の人も集まって、本当に良い上棟式。 久しぶりの餅まき、本当に良い日になりました!

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2016/12/15/

   

161215

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌! 垂木梁の大工手刻み終了、手刻みも終盤の図。

切り妻の頂点を支える棟木。

棟木の手刻み。

木製建具の枠、無地の桧も作業場に到着。

構造の柱も建具と取り合う。 これから嵌め殺しガラスの溝切りに掛かりますよの図。







建築の良し悪しは出隅入隅等の端部の処理や、建具や枠との取合いの処理がバランス良く考えられているかに大きく左右されると感じています。 上の図は、下手な設計はしたくないので、枠廻りの寸法をキメ細かく設計していますの図。

どれだけ考えたつもりでも現場で再考することも。 絵を描いて各職方と話し、全体の統合を取れるカタチで詳細を練り直し、つくり込むのであります。

本日の現場、昼からは雨が上がって外部足場組みが進行中。 週初め天気予報では雨マークだった棟上げ予定日も、今では曇りマークに変わっております。 このまま行くと晴れるかな! 予定通り、明後日の17日に上棟します。

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2016/12/07/

161207


[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌! 現地では基礎立上りまでが完了!

淀江木材さんから、辻工務店さんの作業場に先行され届いた構造材。

一部金物工法を使う箇所は機械のプレカットですが、殆どが大工の手刻みで向かいます。

大工フナコシさんの墨付け。

墨付け完了の構造材。

刻みに掛かってくれてる大工ヌノムラさん。

刻み完了の構造材。 まだ人口乾燥機から化粧の垂木梁は届いていませんが、届き次第刻みが続きます。 来週の頭から、現地で土台敷き、続いて配管配線、床下の断熱材を施工して床下地の施工、構造材の現地搬入、足場経てと続き 12/17(土)に棟上げです! 久しぶりに餅まきもあります!

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2016/11/24/