180629

[project 051/ 上萬の家]
上萬の家 建築日誌。 引き渡しから一週間経過、やっと写真を整理できました。

今回も建築工事においては、大工工事のウェイトが大きく、辻工務店さんに良い仕事をしていただけました。 キッチンも造作でつくっていますが、こちらも家具、建具工事で田林製作所さん。 合板の染色や床の蜜蝋仕上げでキックスペイントさん、電気工事のフクダ電気さん、いつもお世話になっていますが、本物件もバッチリ仕上げてくれました。 玄関と居間の改装という比較的小規模の工事でしたが、普段居る場所が変わっただけで、全体も生まれ変わったような印象です。 玄関北向き、居間は西にマドと、なかなか採光を確保しにくい条件でしたが、木質の仕上げでありながら明度の高い色調とすることで、かなり明るい雰囲気に出来ました。 孫も呼びやすくなって、娘にもこのキッチンならご飯つくりに来てあげても良いよと言われたなど、施主さんからも喜びのお言葉を頂戴いたしました。 また暫くしたら生活の様子を伺いに行ってみようと目論んでいます。

上萬の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/05/18/

   

180518

[project 051/ 上萬の家]
上萬の家 建築日誌。 前回は防湿コンクリート打設の様子でしたが、床組みにフローリング貼り、天井下地に天井シナ合板貼り、壁内の断熱材充填、電気工事が進んでいますの図。


1ヶ月のうちに家具工事の取合いを残し大工工事が完了しました。 担当大工さんはいつも顔を合わせているので、初めて担当してもらったっていう気は全くしませんでしたが、上道の家アサイ理容店を担当してくれたヌノムラさんの親父さんです。 柱が4分(12ミリ)も反っとるとこあって、下地合わせるのがえれぇわぁ(えらいは大変という意味の方言)と嘆いてましたが、合板貼りの精度もさすが。 今日から塗装工事、後に玄関土間の左官工事に向います。

上萬の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/04/12/

  

180412

[project 051/ 上萬の家]
新規掲載のプロジェクト、上萬の家 建築日誌! いつもお世話になっていますの米澤圧送さんが、窓にブームを突っ込んで、いつもお世話になっていますの辻工務店スタッフさん達とコンクリートを打設してくれてますの図!

本物件は一般の戸建て住宅を一部改装するプロジェクト、解体工事が終わり、床下の防湿コンクリートが本日の工程。 解体して剥ぐってみないと解らない心配なところもありましたが、想定通りにつくれそうな気配。 コンクリートが固まれば、大工の床組みを始めます。

改修工事をする、LDKと玄関部分の模型。

内観パースは良く見えてしまいがちなので、やはり模型で手で練り考え、施主さんともコレを元にコンセンサスをとるほうが良い気がしています。 模型をつくるにしても、詳細を描くにしても、手で練りってトコが重要で、翌日にでも見直してイマイチかなと感じれば、その都度修正を掛けて実際につくる用の図面(実施設計図)を描ききっております。