201230

[project 060/ふくい内科クリニック] + [project 061/かみふくばら薬局]
予告していた“ふくい内科クリニック” さんと“かみふくばら薬局” さん、縮尺1/50で幅180センチの全体模型。 少ない冬場の晴れ間を狙って撮影してきました!

前面道路側より。

鳥瞰。

ふくい内科クリニック” さん内部。 設計図書も概ね出来上がりました。

かみふくばら薬局” さんは、外壁と屋根が外れて内部が確認できる模型に。

事務所も今日から正月休み、今年後半はなかなかブログを更新する時間も取りにくかったけれど、松江市嫁島の”おくだクリニック”さんと”クローバー薬局嫁島店”さんの内装工事が終わったあたりからゾーンに突入していました。 年始に新しいプロジェクトの模型も掲載したいと思います!

ふくい内科クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2020/10/29/

かみふくばら薬局 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2020/12/29/

   

201029

[project 060] + [project 061]
現在設計中の新しいプロジェクト、米子市内某クリニック。 軸組み模型を製作し許容応力度計算にのっけて必要梁段面を算定、耐震等級も上げ、木構造の継手には金物工法も使用。 基礎、梁伏せ、軸組み図の作図中です。

一番奥の模型は第二案目のボリューム模型、そして中央が最終第三案のボリューム模型。 手前は軸組模型。 建ぺい率60%制限の中、目一杯要望を詰め込むため、ギリギリ59%の建ぺい率、基本設計にも頭を捻りました。 床面積457㎡で木構造としては大きめの規模、建物を必要以上に大きくしないようにするため、シンプルな形状の中でも段面構成に少し難しい部分もあり、時間と労力を掛けています。 人間の健康にも骨格のあり方が重要なように、健全な建築にも骨格のあり方が超重要! いつも同様丁寧に設計を進めております。

そして、クリニックに先行して設計していた薬局さん。 左が第一案、真ん中が第二案、右が第三案。 こちらは大きさを確保する中で経済的でありながら、魅力のある店舗にするかを考えて設計をしました。 現在、クリニックは実施設計、薬局は設計を終えて見積り調整の作業に入りました。