180904

「建築と社会の関係を視覚化する」新しいメディア、アーキテクチャーフォト・ネットの特集記事に、西浜佐陀の家が掲載されました! 厳選された情報の中に僕たちの仕事も掲載していただけてること、嬉しい限りです!

http://architecturephoto.net/
↑ アーキテクチャーフォト・ネットのURL

http://architecturephoto.net/70450/
↑ アーキテクチャーフォト・ネット、西浜佐陀の家 特集記事のページ

https://amenomichi.exblog.jp/27088994/
↑ 昨年「屋根のある建築作品コンテスト」で日吉津の家を住宅部門審査委員特別賞に選んでくれたタニタハウジングウェアさん、社長ブログ(Yan’s diary)でも西浜佐陀の家を紹介いただきました。 今期のガルバリウム雨といのカタログには、ナイスな施工事例の中に、日吉津の家も大きく掲載してくれています!

   

180820

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 お盆前にお引越しを終え、まだ少し手直し工事もあったので、粗方手直しも終わったところを見計らってお邪魔してきました。 仏壇も設置スペースに納まって、トコにも掛け軸が掛けられ、家族の新しい生活が始まっているところが拝見できて、安心したのと同時に、楽しく嬉しい時間が過ごせました。 施主さん家族が住宅の相談に来てくれた時から一年以上経っていることもあり、最初は人見知りキャラだったはずの現在2歳になったお子さんも、めちゃくちゃ人懐っこい性格になっていたり、施主さんも自身でダイニングテーブルなどに合わせた素材(シナ共心合板)でナイスなちゃぶ台をつくっておられたりと、時間と共にイロイロなことも進化するなとも感じました。 次回はこれから庭づくりに取り組む施主さんに、何か植栽のお見上げでも持って行こうかなと考えています。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/08/07/

西浜佐陀の家 WORKSに竣工写真を追加しました。
http://gramdesign.biz/works/nishihamasada/

   

180807

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 まだ工事を終えてない場所もありましたが、内覧会も無事終了。 上の写真は内覧会当日の朝、空も青く晴れ渡りました。

昨日、内装の撮影も終え、本日は残工事と手直しなど。 一部手配の掛かる箇所以外、内部は本日完了。 残りも盆前、10日には段取り上仕方のない一箇所を除き、工事も完了できそうです。 今日から住まいとして使えるようになります。 工期も最後の最後で思わぬ手直しなどもあって本当にギリギリでしたが、いつもお世話になっていますの辻工務店さん、なんとか間に合わせてくれました。 植栽など、施主さんの手も入ることで、時間と共によりナイスな住宅になっていくと思います。 お盆明け、また落ち着いた頃に伺えるようお願いして西浜佐陀の家を後にしました。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/08/04/

   

180804

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。

間に合った風な感じではありますが、、
なんとか明日、内覧会を迎えれるぐらいにはなりました。

西浜佐陀の家 内覧会のお知らせをトップページに掲載しました
http://gramdesign.biz/
※今から以降、メールチェック出来ないので、
明日急遽どうしても参加したいという場合は、
お電話での連絡にしてくださいm(_ _)m
TEL : 0859-34-3552 (当日は担当者の携帯へ転送となります)

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/07/30/

   

180730

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 終盤。

2項道路のため、セットバックしてコンクリートブロックの積み直し。(※建築基準法42条2項の道路、特定行政庁が指定した幅員4M未満の道路で、道路中心線から2Mはセットバックしないと、建物や塀を建てることが出来ず、確認申請を通すために敷地内のコンクリートブロックを建て替えしてます。)

給湯器や室外機の据え付けなど。

2階ルーフバルコニーも、ウッドデッキや手摺が完了。
既設建物との通路、コンクリート枕木の敷設も完了。

内部、工事終盤とあって、塗装と並行して、電気器具の取り付けと、養生の撤去や片付けなど、人口密度も高め。

1階廊下。

1階LDK。

階段室、鉄部塗りたて。

2階、床養生の撤去。

ルーフバルコニー近景。

養生が剥げましたの個室。桧無地の床は、美装工事の後、蜜蝋ワックス塗りです。

↑おまけ。 本日の宍道湖。 昨日、自分は岡成の家から米子の花火を見しましたが、西浜佐陀の家からも松江の花火がきれいに見えるかも。 本当に工事終盤、工程もギリギリになってきました。

西浜佐陀の家 内覧会のお知らせをトップページに掲載しました
http://gramdesign.biz/

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/07/19/

   

180725

西浜佐陀の家 内覧会(予約制)のお知らせ。

島根県松江市に建築している 西浜佐陀の家 がまもなく完成します。クライアントのご厚意により、内覧会を開催させていただける運びとなりました。メールにてご連絡いただければ、折り返し地図を返信させていただきます。入居されてからのご案内は難しくなりますので、お早めにご連絡下さい。

BLOGFIELD西浜佐陀の家にて、現場レポートを更新しています。

合同会社グラムデザイン一級建築士事務所 (担当:木村)
2018年8月5日(日)10:00~17:30
e-mail : info@gramdesign.biz
TEL : 0859-34-3552 (当日は担当者の携帯へ転送となります)

180719

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 晴天!

足場も外れて、外壁も2階のルーフテラスを残すのみ。

外構にも着手してます!

内部、玄関兼階段室。 西浜佐陀の家は、右の廊下より先は親世帯のスペース、階段を登れば子世帯のスペースという3世代が住まう住宅です。

1階LDKと仏間の図。 1階、家具工事が取り合う部分を除き、大工工事も完了しました。

2階LDKへ。

家具工事も第一弾が据え付け完了! 残す造付家具も今週末に据え付け予定です。

ナイスな杉板の天井。 床の養生下にも、ナイスな桧無地のフロアが隠れています。

4畳分のルーフテラスには、板金屋根の上に金物で根太を緊結してウッドデッキを組みます。 米原の家と同じ組み方。

ルーフテラス手摺も到着しました。

↑おまけ。 本日の宍道湖。

↑おまけ2。 西浜佐陀の家1階で使うシューメーカースツールも事務所に到着しましたの図。 彦名の家のように、キッチンとほぼ同じ高さのカウンターで食事するのに使います。 正面から撮ったから解りにくいけど、箱も三角で梱包もカワイイ! 事務所は相変わらず模型が山積み。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/06/28/

   

180629

[project 051/ 上萬の家]
上萬の家 建築日誌。 引き渡しから一週間経過、やっと写真を整理できました。

今回も建築工事においては、大工工事のウェイトが大きく、辻工務店さんに良い仕事をしていただけました。 キッチンも造作でつくっていますが、こちらも家具、建具工事で田林製作所さん。 合板の染色や床の蜜蝋仕上げでキックスペイントさん、電気工事のフクダ電気さん、いつもお世話になっていますが、本物件もバッチリ仕上げてくれました。 玄関と居間の改装という比較的小規模の工事でしたが、普段居る場所が変わっただけで、全体も生まれ変わったような印象です。 玄関北向き、居間は西にマドと、なかなか採光を確保しにくい条件でしたが、木質の仕上げでありながら明度の高い色調とすることで、かなり明るい雰囲気に出来ました。 孫も呼びやすくなって、娘にもこのキッチンならご飯つくりに来てあげても良いよと言われたなど、施主さんからも喜びのお言葉を頂戴いたしました。 また暫くしたら生活の様子を伺いに行ってみようと目論んでいます。

上萬の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/05/18/

   

180628

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 6月中旬から6月下旬まで!

杉板赤身の外壁追加分も届きました。

外壁貼りと真鍮釘打ちがやっと終了。 ベントキャップの取り付け、板金の残工事、コーキングが終われば、やっと足場が外せます。

内部1階、桧無垢のフローリング貼りも完了し、先付家具も一部取り付け完了。

戸袋下地の造作も進行。 戸袋は下地も細いためスチールアングルにて補強します。

仏間の造作も粗方完了しました。

階段、踊り場折返しまでは幅広の階段。 踏面、蹴込み共、床材と同じ桧で造作。

2階へ。

1階が両親の住まい、2階が子世帯という三世代が住まう住宅であるため、完全な防音にはならないけれど、下地に一枚プラスターボードを重ねてフローリングを貼ってます。 1階天井現しの箇所では、プラスターボード12.5mmの厚さところで照明の配線を流したりも。 桧無地フロアは超絶美しい上、触感も最高。

ベンチにもなる2階の窓枠も据え付け、及び、大工造作が完了。 このように大工工事と家具工事など、他の業種が絡む施工箇所には、緻密な図面とコミュニケーションが必要です。

2階に設置した、掃出しマド内部の手摺り。 掃出しのマドにすることで、採光と通風も大きく確保。

細かい話だけど、手摺も後付けでなくジョイント部分は隠蔽。 ひとつひとつ細かく丁寧につくります。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/06/13/

   

180616

[project 054/ 上道の家2]
上道の家2、建築日誌。 またもや新規掲載のプロジェクト、出来たてホヤホヤの模型! 白模型や構造模型もあるけれど、それはまたそのうち載せます。




120坪ちょいの敷地にゆったり掛けるロの字の屋根。 プランはコの字という木造平屋建て。 岡成の家灘町の家上道の家日吉津の家よなご脳神経クリニック西浜佐陀の家と、内外装共に木質という建築をつくり続けてきてますが、より木であることをまんま受け止めるような仕上げも良いかなと、施主さんとお話しながら設計を進めている住宅です。