191108

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 杉間柱で3メートルのテーブルの脚をつくるの図。 置き家具で予算削減のために、ホームセンターやインターネットで簡単に手に入る材料を用いて、スタッフと造作してしまうことが多々あり、シリーズ化しいてやろうかなと考えたりしてます。

とにかく秋晴れが気持ちの良い一日でした。

  

191025

architecturephoto.net さんの記事に掲載された一枚の写真に心打たれて、先週末は岐阜へ。 TAB/河合啓吾さんの建築、岐阜・郡上市の住宅「SLBH4」を拝見させていただいてきました。 変な気が向いたせいで、国道9号→175号→27号→303号→360号と、通ったことのない日本海側下道を経由して移動、楽しかったけどめちゃくちゃ遠かったです。 SLBH4は令和元年のスカイハウス(木村評)! 寄り道含め10時間半(笑)を掛けて見に行った甲斐がありました。 呑み会にも誘ってくれて感謝! 夜も中部地方で活躍する同世代の建築家達と酒盛り。

岐阜二日目は吉田夏雄さんの「肥田の家」内覧会へ。 やはり建築は実際に見ないと解らない。 吉田さんの拘りと執念を感じた。 脳内に刺激と栄養を充足させてくれた二日間になりました。

   

191023

先月からバタバタで散髪にも連れて行けてなかった息子凪さん、
反抗期でカメラを向けるとそっぽを向きます。

先週やっと久々。 マチのナイスな床屋さん「アサイ理容店」へ。

息子のオーダーは”フツウの髪型”、THE反抗期。

アサイ理容店
鳥取ヨナゴの「マチの床屋」
月曜日定休🎌受付時間は9:00〜19:00
LINE ID👉@bb_asaiご予約はLINEからでも⭕️
bb-asai.com

  

191011

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 3年前にも張り替えしてましたが、先月台風で3連休が出来たので、気が向いて張り替えたウェグナーさんのCH24 / Yチェア(カール・ハンセン&サン)。 年式不明のかなり年季の入ったビンテージですが、普段食卓で使っているワイフより、「Yチェアの編み方は蕎麦屋の椅子のよう」という感想を聞いていたので、気分転換に編み方も替えてみました。

底面ディティール。 ペーパーコードの張替えにも慣れました。 力を入れて引っ張って編んでいくので、マメ防止のグローブは必須。

台風連休2日目、 飛騨産業/キツツキ のアイガーチェアも座面張り替え。 緑の木部を削って白木っぽくしたい気がしたのですが、キッズ達が緑のままが良いということで木部は変更なしとしました。

同じく 飛騨産業/キツツキ のカスケード。 床の傷防止のため履かしている靴下をアイガーチェアと同じに。 座面赤のカスケードと緑のアイガーチェアが並べば、色のバランスも悪くないです。

アイガーチェアの張り地は 厚手のフェルトに変更。 座面の固定はハンドタッカー止め。

そして3連休最終日は カリモク60、こちらも復刻でなく当時モノ。 13年前に座面を張り替えて貰って、木部も白木っぽく剥いで使っていましたが、生地の色褪せも凄かったので丸ごと張り替えました。 殆ど同じ色の生地での張り替えのため、使ってても違和感ゼロですが実はとてもキレイに。

おまけ。 60底面、座面は紺色の帆布、固定はこちらもハンドタッカー止めです。

   

191009

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家日常日誌。 長女が近所の神社でのお祭りに、お友達3人と巫女さんとして参加。 春に巫女デビューして、2回目の巫女さん。 今回は平日、神社さんが学校には話はつけてありまっせ的なオファーの手紙を送ってきてくれました。 非日常感が良い感じ。

   

190912

昨年10月にチラッとブログにも掲載していたクリニック新築の計画。 敷地を改め計画を練り直しました。 まだ土地が確定ではないのだけれど、非常に利便性も良い場所で、建物も効率的に平屋でおさまります。 スタッフ動線も患者さんの動線も上手く取れ、建築費も抑える設計で向かえそうです。 “彦名の家2“のリビングのように、待合室を下屋より突出させて天井高を確保する案。 外界からは視覚的に保護されつつ、内部空間の印象的な建築をつくりたいと考えています。

   

190816

嫁ちゃんの実家、廊下の壁を踏ん張って上る息子。

プールの後、クーリッシュメロンソーダな長女。

大須でタピオカな次女。

一年ぶりにパイセン達とも会えました。
お盆満喫で残りの夏もお仕事に励みます!

   

190808

http://totto-ri.net/report_greenichelecture20190729/
↑ 触れて感じるインテリアの授業「グリニッチ 米子」で場所づくりを考える

つくる、みつける、たのしむ、くらす。 十人十色のとっとり、鳥取でみずからの暮らしと文化を作る人のウェブマガジン『+〇++〇』さんに、先月7月29日に国立米子工業高等専門学校建築学科3年生に向け、インテリアショップ「グリニッチ 米子」で行われたレクチャーの様子をレポートしました!

https://www.greeniche.jp/
↑ グリニッチさんのホームページ。

自邸の『岡成の家』でもグリニッチさんの『newnormal Low Sofa』を使っていたり(※僕もグリニッチユーザーです)、『彦名の家2』では自分がデザインしたローボード、ソファーテーブル、ダイニングテーブルを製作していただいたり、『上道の家』でも『岡成の家』と同じノーマルソファーを使われていたり、『灘町の家』でも『Basic Sofa』を使われていたり、スタッフの磯江氏も最近『Basic Sofa』を注文していたりと、施主さん共々いつもお世話になっていますのグリニッチさんの授業ということで、不慣れではありますがライター立候補して無事記事になりましたm(_ _)m

※以下、お知らせとオフィスアワーの追記です。
8月11日(日)~15日(木)を夏季休暇とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

前回日記で告知したオフィスアワー、8月17日が予約で埋まりました。
8月10日、24日、30日は、まだまだ受付可能です。また、具体的な建築の相談については別日でも随時対応いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。