190111

自力でビルを建築する男、岡啓輔 × インタビュアー・尹雄大 [即興]

1/26(土)  汽水空港(鳥取県東伯郡湯梨浜町松崎434-18)
18:00-19:30 岡啓輔さんのトーク
19:45-    岡啓輔さん×尹雄大さん公開インタビュー
一般1,500円 / 学生無料
問合せ先   / kisuikuko@gmail.com

自分が「建築」という分野で活動していることもあり、岡啓輔さんのことを知ることになったのは、2003年のSDレビュー(若手建築家の登竜門として有名な賞で、実際につくることを想定した「建築」の計画案をドローイングや模型などによって選出する)に入選された「蟻鱒鳶ル」が切っ掛けでした。 岡さんが「楽しんで建築をつくること」を学び直す稽古場として考えた、踊るように即興的につくる建築「蟻鱒鳶ル」、着工から13年。 SDレビューで衝撃を受け、15年間ずっとずっと気になっていた「蟻鱒鳶ル」を自分も一昨年見せていただき、強固且つ独特なガラス質の表層をもつコンクリートにも驚かされました。 「建築」に詳しくない人にも「生きること」のヒントがここにある! 全人類必聴のトーク&インタビュー! 開催会場の汽水空港さんも店主のセルフビルド物件、何度でも訪れたいナイスなまちの本屋さんです。

http://arimasutonbi.blogspot.com/
↑ 蟻鱒鳶ル保存会

http://nonsavoir.com/
↑ 尹雄大さんのホームページ

https://twitter.com/kisuikuko
↑ 汽水空港 (@kisuikuko) | Twitter

http://totto-ri.net/event/
ウェブマガジン『+〇++〇(トット)』さんの”わたコレ”にも紹介してます!

   

190104

あけましておめでとうございます。
年末はブログの更新出来ずに過ぎてしまいした。
平成最後の正月をのんびり過ごして今日が仕事始め。
忙しく過ごす中でも、初心忘れず、新たな進化と挑戦を。
本年も何卒宜しくお願いいたします。

   

181222

オフィスアワーとオフィスめしから早くも一週間たってしまっていました! 焼き肉から始まり、餃子、カップケーキや餃子などなど、徐々に忘年会的な要素に変えていく予定でしたが、最初から忘年会的なノリであったような、寄っていただいたかたには好評はいただいたのかな? とは感じています。 次回は来年のいつか、晩の時間に開催とします!

   

181204

オフィスアワーとオフィスめし
2018.12.15(sat)12:00-17:00 (※延長の可能性あり!)

いまどきの大学には先生が学生から直接質問や相談を受けやすくするために、この日のこの時間はかならず研究室にいますよってあらかじめ設定しておく【オフィスアワー】ってしくみがあるらしい。

僕達にもガッツリ建てたいとかじゃない人と話す機会もあっても良いし、仕事以外で話をしてみたい人と事務所で話す時間もあっても良い気がしていたので、【オフィスアワー】を実験的にやってみようと思います。【オフィスめし】はおまけで、外食ばかりだから、たまには自炊に挑戦です、時間長いしお腹も減るし。 ホットプレート持ってきて、ノリでご飯もしてみましょうという企画です。

進路の相談とか人生相談でも良いし、とにかくグラムデザインの事務所に来てみたとかでも良いと思うので、興味があるかたおられたら、事務所に電話でもメールでも、FBでメッセージでも良いので声掛けてみて下さい。

ホットプレートで焼ける何か! たとえばお好み焼きなどの持ち込みや、少しぐらいお酒入っても良いかなと思っています。 持ち寄り、持ち込み大歓迎、ゆるい感じで開催してみます!

※駐車場の台数が限りがあるので、出たり入ったりする予定が少ないかたは、最寄りの大きな駐車場などに車を停めてきていただけるとナイスです。

https://www.facebook.com/events/909143659210101/
↑ オフィスアワーとオフィスめし、FBイベントページ。

https://drive.google.com/open?id=1f1DOONt9CPLqMGco9eGe7DvCvU0&usp=sharing
↑ グラムデザインの地図。

http://gramdesign.biz/
↑ グラムデザインのウェブサイト。

   

181203

YYY the STORE vol.8.5
2018.12.8-9
8(sat) 10:00-20:00
9(sun) 10:00-18:00
at.ちいさいおうち(皆生)
http://geekman67.wixsite.com/culture-club-yyy

|↑ 今週の、わたしコレ行きます!|

⿃取県の⻄海岸 ⽶⼦シティーより、ナイスな頭⽂字Yな三⼈組が届けるカルチャーイベント「YYY」のスピンオフ企画。 ヤマネ⽒オリジナルの洋服やヤマシタ⽒リメイクの洋服、ジークマン(ヤマグチ⽒)のペィンティング⼩物に加え、KASHIUタエちゃんがカナダで買い付けてきた古着など。 特に今回はお店がコンセプトってことなので、売り切れ御免の前に早めに⾜を運ぶのがオススメ︕

   

181126

事務所の模型山積み状態を改善しました!

吊り木の位置を変更して、棚板の長さも高さも変更。 それでも少しおさまらなかったので、90センチの敷地でつくっていた模型を87センチにして二段に。 シナ合板の3センチひたすらカット。

ついでにブラインドもお掃除までしてみましたというのが先週末日。

まだ完全には片付いてないけれど、新規の模型をつくって置く余白が出来あがりました!が、一番上の写真となります。 グラムデザインの事務所は築40年を超える鉄筋コンクリート造の古いビルの3階を借りていて、平面は直角三角形、天気が良ければ大山もキレイに見える場所。 実務的に設計を担当する2名に対して作業机が6尺✕4本で24尺(7.2メートル)、余裕はある筈でしたがパソコン以外模型や図面や書類で埋まっていました。 とにかくだいぶスッキリした! この事務所、断熱はないので底冷えするけれど、結露覚悟で暖房焚けばなんとか極寒の冬でも過ごせます。

片付けついでにやってみたいことも出来ました。 つくる、みつける、たのしむ、くらす。 十人十色のとっとりMgazine『+〇++〇』のアドバイザーで、メディアピクニック主催の岩渕さんに先週お会いした際に、いまどきの大学には先生が学生から直接質問や相談を受けやすくするために、この日のこの時間はかならず研究室にいますよってあらかじめ設定しておく【オフィスアワー】ってしくみがあるらしいから自分もやってみようかなって思っているって話を聞いて、ウチでもしてみようかな?と画策してます。 ガッツリ建てたいとかじゃない人と話す機会もあっても良いし、自分がなんとなく話をしてみたい人と事務所で話す時間もあっても良い気が前からしていたので。 進路の相談とか人生相談でも良いし、とにかくグラムデザインの事務所に来てみたとかでも良いと思うので、興味があるかたおられたら、事務所に電話でもメールでも、FBでメッセージでも良いので声掛けてみて下さい!

   

181119

岡成の家 (House in Okanari)
 
大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 西面の外壁をリフレッシュに続き、仕事と天候の合間を見て、妻側壁面を再塗装しました。 写真で見ると大したことなさそうだけど、12尺ある脚立はそこそこの高さ。

軒下に並べていた座板で作った木製ポットの苗木たちも雪に備えて移動、根が底から出てきたモノたちは法面に植えたり。 適当ではあるけれど、三年半前には殺風景だった庭も、来年もまた少し賑やかになると思います。

   

181111

IFSC-ACC クライミングアジア選手権 倉吉 2018」を観戦してきました。 場内撮影不可のため、上の写真は会場入口付近にてお子さまボルダリング体験をする木村家のキッズ達。

前日に YOUTUBE の JMSCA Competition TV にて、6月に盛岡で行われた 第1回コンバインド・ジャパンカップで予習しての観戦。 近場で世界トップクラスのクライミングが生で見れたのは夢のよう。 コンバインドはスピード、ボルダリング、リードの三種目の順位を掛け算して、ポイントが少ない選手が優勝となる新しい競技で、最後まで目が離せない熱戦、男子は1位、2位、女子は1位、2位、3位とも日本が表彰台に登りました。 東京オリンピックからスポーツクライミング総合(コンバインド)は正式種目になるので日本勢の活躍も楽しみ。

YOUTUBE の JMSCA Competition TV
↑ 「クライミングアジア選手権 倉吉 2018」の動画もアップされてました!

   

181026

新規掲載の案件。 クリニック新築、ハイサイドライトを多用する計画案です。 木構造の軸組みで良し悪しが変わる計画案のため、平面計画と同時に木構造をザックリ検討。

真っ白の紙やプロジェクトペーパーにガツガツ描きながら模型をつくる。 パソコンでつくるパースは独立前にコンペやプレゼンで散々使っていたけれど、考える方法としても手で練ることに勝てないし、パースは視点と画角の設定で立派に見せようと思えばいくらでも良く見せれてしまう誤魔化しも簡単なツールなので、すっかり使わなくなってしまいました。 おかげで事務所は模型が山積みだけど、建物周辺とのバランスや、建築物本体も360度確認ができて、壁などで仕切られる領域の内外も同時に認識できるし、模型より初期の設計やプレゼンに役立つ方法もないし、模型が山積みになっている風景も、設計も模型つくるのも好きなんだから仕様がない。 最近特に積極的に新しい仕事をつくる毎日を過ごしております。