200101

あけましておめでとうございます。 ″岡成の家″に引っ越してきた時は長女が小学校に上がるタイミングでしたが、それから5年が経ち、今年は長男も小学校に入学します。 時間が経つのを早く感じると同時に、子供が元気に育っていることが何よりの幸せかなと。

昨年から構想を重ねてきたプロジェクトも徐々に本格的に動き出す時期に来ており、引き続き忙しく過ごせそうです。 本年も昨年に変わらぬご厚誼のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

   

191230

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ″岡成の家″にて、毎年恒例の友人集まっての忘年会。 バタバタと28日まで仕事して、ザっと29日は家片付けて、キッズ含め30人程度でガヤガヤ。 2家族+α 10名ほどは泊りで遊びました。 なんだか今年もいろいろありましたが、少し休んで気持ちも新たにリセットし、気を引き締めて令和2年を迎えようと思います。

   

191226

土地との出会いは縁だと思う。 写真は5年前(2014年)の秋、自宅 “岡成の家” 基礎工事完了の様子。 東に大山を仰ぎ、田んぼと畑に囲まれた敷地。 住宅を建てる上で土地を探す場合、その家族にあった土地をサクッと見つけれることもありますが、僕たち家族は岡成の土地に出会うまで、それなりに時間が掛かりました。 来年は宅地建物取引士受験しようかと思うほど、今年は施主さん共々土地探しに苦労することが多かったので、自分の経験として僕たち家族が土地を探して、家を建てるまでの経緯を振り返ってみようと思いました。

https://gramdesign.exblog.jp/13418652/
2010年4月、米子市祇園町にある土地を見つけて、RC造3階建ての構想をするが、お金が借りられず頓挫。

https://gramdesign.exblog.jp/17655104/
2012年6月、新たに米子市東山町の狭小地に木造2階建ての構想をするが、土地の売主さんの都合が変わって売買しても貰えず、気に入っていた土地と計画であったために、ココよりも良い住宅が建てれそうな土地でないと納得できず、土地探しも難航。

https://gramdesign.exblog.jp/20365898/
2013年9月、米子市岡成に土地を見つける。 借り入れの予算も限られていたため、当初は狭小地で土地の予算を抑えることを考えていたが、大きな土地で坪単価がすこぶる安い場所に計画を切り替える。 とにかく大山が素晴らしくきれいに見える場所で、朝焼けがきれいな日には泣けるぐらい絶景。 隣の家までも距離があるので、多少うるさくしてても怒られない。 友人の家も近所にあり、以前から良い場所だと聞いていたので、安心して住まいを構えることが出来そうにも感じていた。

https://gramdesign.exblog.jp/21355061/
2014年1月、基本設計が固まる。

https://gramdesign.exblog.jp/22835986/
2014年8月末、地鎮祭も終え工事も着手。

https://gramdesign.exblog.jp/23667463/
2015年2月、住めるところまで工事も完了してお引越し。

当初、自分は新築を建てなくても、街中でビルでも直して事務所兼住宅で住めれば良いと考えていたのですが、家族の希望を聞いて新築に計画をシフト。 土地を探して妄想建築を構想して岡成の土地に出会うまで3年半。 土地を決めてから引っ越しまで1年半。 土地探しを初めて家が建つまでに5年。 岡成に移り住んでから、もうすぐ早5年が経過しようとしているのが現段階。

もう死んじゃった大好きな思想家の先生が、妻が亡くなってからは望郷の念(具体的には北海道の故郷の風景を思う気持ち)しかないという話をよくされていたこともあり、自分たちの子供にとっては、自然いっぱいの素晴らしい景色の場所に実家をつくってあげることが出来て、長い時間かけて土地を探した成果もあったと感じているのが今の状況です。

上記はあくまで個人的な体験談ですが、また具体的に土地を探す際に気をつけることや、家のこと、住まいのことなどについても書いていけたらと考えています。

   

191108

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 杉間柱で3メートルのテーブルの脚をつくるの図。 置き家具で予算削減のために、ホームセンターやインターネットで簡単に手に入る材料を用いて、スタッフと造作してしまうことが多々あり、シリーズ化しいてやろうかなと考えたりしてます。

とにかく秋晴れが気持ちの良い一日でした。

  

191011

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 3年前にも張り替えしてましたが、先月台風で3連休が出来たので、気が向いて張り替えたウェグナーさんのCH24 / Yチェア(カール・ハンセン&サン)。 年式不明のかなり年季の入ったビンテージですが、普段食卓で使っているワイフより、「Yチェアの編み方は蕎麦屋の椅子のよう」という感想を聞いていたので、気分転換に編み方も替えてみました。

底面ディティール。 ペーパーコードの張替えにも慣れました。 力を入れて引っ張って編んでいくので、マメ防止のグローブは必須。

台風連休2日目、 飛騨産業/キツツキ のアイガーチェアも座面張り替え。 緑の木部を削って白木っぽくしたい気がしたのですが、キッズ達が緑のままが良いということで木部は変更なしとしました。

同じく 飛騨産業/キツツキ のカスケード。 床の傷防止のため履かしている靴下をアイガーチェアと同じに。 座面赤のカスケードと緑のアイガーチェアが並べば、色のバランスも悪くないです。

アイガーチェアの張り地は 厚手のフェルトに変更。 座面の固定はハンドタッカー止め。

そして3連休最終日は カリモク60、こちらも復刻でなく当時モノ。 13年前に座面を張り替えて貰って、木部も白木っぽく剥いで使っていましたが、生地の色褪せも凄かったので丸ごと張り替えました。 殆ど同じ色の生地での張り替えのため、使ってても違和感ゼロですが実はとてもキレイに。

おまけ。 60底面、座面は紺色の帆布、固定はこちらもハンドタッカー止めです。

   

191009

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家日常日誌。 長女が近所の神社でのお祭りに、お友達3人と巫女さんとして参加。 春に巫女デビューして、2回目の巫女さん。 今回は平日、神社さんが学校には話はつけてありまっせ的なオファーの手紙を送ってきてくれました。 非日常感が良い感じ。

   

190528

http://gramdesign.biz/2019/05/09/
↑ 5月26日、オフィスアワー続き岡成の家で【オウチめし】を開催しました!
内容は持ち寄りBBQと焼鳥、迂闊にも写真撮り忘れていたので準備の風景のみ。
足を運んでくれた、M家、Y家、T家のみなさま、ありがとうございました!
キッズも大人も楽しく過ごせたと思います。 不定期ですがBBもまたします!

オフィスアワーもまた告知しますが、随時、建築無料相談会(予約制)は受付していますので、建築やインテリアに関する案件をお持ちのかたは、お気軽にメール、又は、お電話でお問い合わせ下さいm(_ _)m

https://www.instagram.com/llc.gramdesign/
↑ おまけの告知。 事務所のインスタ始めました!

   

190508

岡成の家 (House in Okanari)
 
大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家に引っ越す前から家族と共に時間を過ごしてきた椅子。 イームズシェルサイドチェアスタッキングベースのリペア記録。 2月に一度記事にして 作業も1日で二脚完了していたのだけれど、更新がおそくなりました。 ファブリックを剥ぐって、劣化したウレタンも取っ払って、ウレタンとの接着面をひたすらサンドペーパーで削る作業。 座面がFRPなので接着面を削る際に、ガラス繊維も一緒に削れて舞うので腕がチクチク痒い! 長袖に軍手で地肌を隠して作業するべきだったと反省。

↑ おまけ。 椅子のリペアとか趣味みたいなもんですが、一番気に入って自分が食卓で使っているのはこの一脚。 現在は閉鎖されてしまいましたが、曲げ木の家具で有名な鳥取家具工業のラウンジチェア。 座面をペーパーコードに編み変えたもの。
 
https://www.instagram.com/p/Bw1OB0wnQBT/
↑ いつもお世話になっていますの KIK’S PAINT WORKさんのインスタに、リペア前のと同じモノを発見! この椅子を曲げ木の部分も全部削って、木目残しの白の拭き取りに色も変えています。

   

190507

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家日常日誌。 気候も良いので朝活。 東面を塗装してから出勤しました。

建築当初、予算の関係で防風材にはモヘアを用いていましたが、GW中に粗方の建具をピンチブロックにグレードアップして気密化を計りました。