191108

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 杉間柱で3メートルのテーブルの脚をつくるの図。 置き家具で予算削減のために、ホームセンターやインターネットで簡単に手に入る材料を用いて、スタッフと造作してしまうことが多々あり、シリーズ化しいてやろうかなと考えたりしてます。

とにかく秋晴れが気持ちの良い一日でした。

  

191011

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 3年前にも張り替えしてましたが、先月台風で3連休が出来たので、気が向いて張り替えたウェグナーさんのCH24 / Yチェア(カール・ハンセン&サン)。 年式不明のかなり年季の入ったビンテージですが、普段食卓で使っているワイフより、「Yチェアの編み方は蕎麦屋の椅子のよう」という感想を聞いていたので、気分転換に編み方も替えてみました。

底面ディティール。 ペーパーコードの張替えにも慣れました。 力を入れて引っ張って編んでいくので、マメ防止のグローブは必須。

台風連休2日目、 飛騨産業/キツツキ のアイガーチェアも座面張り替え。 緑の木部を削って白木っぽくしたい気がしたのですが、キッズ達が緑のままが良いということで木部は変更なしとしました。

同じく 飛騨産業/キツツキ のカスケード。 床の傷防止のため履かしている靴下をアイガーチェアと同じに。 座面赤のカスケードと緑のアイガーチェアが並べば、色のバランスも悪くないです。

アイガーチェアの張り地は 厚手のフェルトに変更。 座面の固定はハンドタッカー止め。

そして3連休最終日は カリモク60、こちらも復刻でなく当時モノ。 13年前に座面を張り替えて貰って、木部も白木っぽく剥いで使っていましたが、生地の色褪せも凄かったので丸ごと張り替えました。 殆ど同じ色の生地での張り替えのため、使ってても違和感ゼロですが実はとてもキレイに。

おまけ。 60底面、座面は紺色の帆布、固定はこちらもハンドタッカー止めです。

   

191009

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家日常日誌。 長女が近所の神社でのお祭りに、お友達3人と巫女さんとして参加。 春に巫女デビューして、2回目の巫女さん。 今回は平日、神社さんが学校には話はつけてありまっせ的なオファーの手紙を送ってきてくれました。 非日常感が良い感じ。

   

190528

http://gramdesign.biz/2019/05/09/
↑ 5月26日、オフィスアワー続き岡成の家で【オウチめし】を開催しました!
内容は持ち寄りBBQと焼鳥、迂闊にも写真撮り忘れていたので準備の風景のみ。
足を運んでくれた、M家、Y家、T家のみなさま、ありがとうございました!
キッズも大人も楽しく過ごせたと思います。 不定期ですがBBもまたします!

オフィスアワーもまた告知しますが、随時、建築無料相談会(予約制)は受付していますので、建築やインテリアに関する案件をお持ちのかたは、お気軽にメール、又は、お電話でお問い合わせ下さいm(_ _)m

https://www.instagram.com/llc.gramdesign/
↑ おまけの告知。 事務所のインスタ始めました!

   

190508

岡成の家 (House in Okanari)
 
大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家に引っ越す前から家族と共に時間を過ごしてきた椅子。 イームズシェルサイドチェアスタッキングベースのリペア記録。 2月に一度記事にして 作業も1日で二脚完了していたのだけれど、更新がおそくなりました。 ファブリックを剥ぐって、劣化したウレタンも取っ払って、ウレタンとの接着面をひたすらサンドペーパーで削る作業。 座面がFRPなので接着面を削る際に、ガラス繊維も一緒に削れて舞うので腕がチクチク痒い! 長袖に軍手で地肌を隠して作業するべきだったと反省。

↑ おまけ。 椅子のリペアとか趣味みたいなもんですが、一番気に入って自分が食卓で使っているのはこの一脚。 現在は閉鎖されてしまいましたが、曲げ木の家具で有名な鳥取家具工業のラウンジチェア。 座面をペーパーコードに編み変えたもの。
 
https://www.instagram.com/p/Bw1OB0wnQBT/
↑ いつもお世話になっていますの KIK’S PAINT WORKさんのインスタに、リペア前のと同じモノを発見! この椅子を曲げ木の部分も全部削って、木目残しの白の拭き取りに色も変えています。

   

190507

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家日常日誌。 気候も良いので朝活。 東面を塗装してから出勤しました。

建築当初、予算の関係で防風材にはモヘアを用いていましたが、GW中に粗方の建具をピンチブロックにグレードアップして気密化を計りました。

  

190429

岡成の家 (House in Okanari)

大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家日常日誌。 近所の神社でのお祭りに長女がお友達3人と巫女さんとして参加。 本人もとても楽しみにしていたけれど、家族も楽しみにしていた巫女デビューを見守った一日でした。

外での食事も気持ちの良い季節になりました。 世の中10連休、前半2日はお休みいただきましたが、4/30~5/2は通常営業、5/3~5/6は再びお休みをいただきますm(_ _)m

   

190224

岡成の家 (House in Okanari)
 
大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家に引っ越す前から家族と共に時間を過ごしてきた椅子。イームズシェルサイドチェアスタッキングベース。 破れた座面の端から劣化したウレタンがこぼれて落ちるので、ココ数ヶ月はあまり座らず放置していました。 特にミッドセンチュリーの家具が好きとかではないですが、縁あってウチに来たかわいいやつなので、ウレタン剥いでキレイに使える姿にしてやります。

キッズ達に解るように注意書きしてました。 この日はFRPのベースとウレタンをつけていた接着剤をカッターとサンドペーパーで削ぐ作業を途中まで。

Modern Furniture Sales Co,Ltd と 53年6月1日の刻印。 モダンファニチャーセールという会社が、ハーマンミラーの正規輸入代理店であったらしく、どうやら日本製イームズということらしい。

日本におけるハーマンミラーの歴史
1964年3月 日本ハーマンミラー家具販売株式会社を設立
1964年4月 株式会社モダンファニチャーセールスと改称
1988年7月 米国Herman Miller, Inc.がハーマンミラージャパン株式会社を設立
1989年3月 ハーマンミラージャパン株式会社が株式会社モダンファニチャーセールスを吸収合併し現在に至る

さほど年代による付加価値とかも興味ないですが、1953年製造なのかと思ってしまいました。 少し調べて自分と同じ昭和53年生まれ、半年人生の先輩であることが判明。

-つづく-

   

190104

あけましておめでとうございます。
年末はブログの更新出来ずに過ぎてしまいした。
平成最後の正月をのんびり過ごして今日が仕事始め。
忙しく過ごす中でも、初心忘れず、新たな進化と挑戦を。
本年も何卒宜しくお願いいたします。

   

181119

岡成の家 (House in Okanari)
 
大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 西面の外壁をリフレッシュに続き、仕事と天候の合間を見て、妻側壁面を再塗装しました。 写真で見ると大したことなさそうだけど、12尺ある脚立はそこそこの高さ。

軒下に並べていた座板で作った木製ポットの苗木たちも雪に備えて移動、根が底から出てきたモノたちは法面に植えたり。 適当ではあるけれど、三年半前には殺風景だった庭も、来年もまた少し賑やかになると思います。