210105

あけましておめでとうございます。 今年は今日が仕事始め。
正月はゆっくり休めたので、今日からガッツリお仕事します!

年末年始は久しぶりに雪も多く降ったので、家族がギリギリ5人入れるカマクラをつくってみたりなど。 ″岡成の家″に引っ越してきた時は長女が小学校に上がるタイミングでしたが、今年は中学に進学します。

おまけの一枚。 姉妹が火遊びしながらガールズトークしとるの図。
今年もよろしくお願いいたします!

   

201230

[project 060/ふくい内科クリニック] + [project 061/かみふくばら薬局]
予告していた“ふくい内科クリニック” さんと“かみふくばら薬局” さん、縮尺1/50で幅180センチの全体模型。 少ない冬場の晴れ間を狙って撮影してきました!

前面道路側より。

鳥瞰。

ふくい内科クリニック” さん内部。 設計図書も概ね出来上がりました。

かみふくばら薬局” さんは、外壁と屋根が外れて内部が確認できる模型に。

事務所も今日から正月休み、今年後半はなかなかブログを更新する時間も取りにくかったけれど、松江市嫁島の”おくだクリニック”さんと”クローバー薬局嫁島店”さんの内装工事が終わったあたりからゾーンに突入していました。 年始に新しいプロジェクトの模型も掲載したいと思います!

ふくい内科クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2020/10/29/

かみふくばら薬局 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2020/12/29/

   

201001

令和2年度の米子高専建築学科4年生の設計課題「加茂川沿いの木造住宅」、非常勤講師の任務が完了しました。 リモート授業明けの7月より、課題発表とレクチャー、2度のエスキスチェックを重ね、昨日が講評日。 最終日は同じく地元米子のクルマナオキ先生とご一緒に、丸一日の講評会となりました。 自分は家族構成の提案から敷地の読み方も感よくスムーズに設計を進めれた生徒、ダメ出しをくらってもイチから素直に課題と向き合い頑張りが見えた生徒の案をチョイス、プラス2案をクルマ先生に拾ってもらって、本課題の高評価となりました。

同課題で一昨年とその前の年に、高評価の生徒だけの講評をイベント的に担当していましたが、途中エスキスチェックも見ると、それぞれの生徒の個性も垣間見えて、自分も楽しく教えることが出来ました。 良い経験にもなりました。 米子高専さん、来年度から学科再編ということで、カリキュラムも大幅に変わるみたいなので、来年自分に非常勤の機会があるかは分かりませんが、また声掛けて貰えたら、喜んで担当させて貰おうと思っています。

   

200811

昨日、一昨日の日祝日、連チャンで海に行き、焦げたウインナーみたいに日焼けしました! 今年は我慢の夏休みで遠出しにくいので近場で遊びます。 今日明日は通常営業、8/13~8/16はお盆休みを頂き、8/17より通常営業とします。

最近も、新規のお問い合わせをいただいていますが、こういうご時世なので、ご希望があれば ZOOMなど、オンラインでの打ち合わせも対応しております。 お盆休み中はメールの対応が遅れるかもしれませんが、電話は転送で対応できますので、盆休みの期間でも気軽に連絡下さい!

   

200710

晴れて ”とっとり健康省エネ住宅普及促進事業” の事業者となりました。 登録して貰うにあたっては、オンライン講義と考査を気楽に受講。 学校もコロナ禍でオンライン授業が長引くと良くないすね、ダレます。 話を戻しますが、今までも鳥取県は県産材を住宅に使用すると補助金が最大100万円と手厚いのです。 それに加えて本年7月より鳥取県独自の省エネ住宅では50万円の助成の拡充となりました。 良い機会なので木構造と省エネのソフトを導入、実務作業の効率化も図ってやろうと思います。

   

200707

新型コロナウイルス対策に係る林野庁支援事業説明会へ。 過剰木材在庫利用緊急対策事業JAS構造材利用拡大事業、もひとつ二次募集待ちだけど外構部の木質化対策支援事業など活用できたら良いなと。 グラムデザインも近々JAS構造材活用宣言事業者に登録させていただきます。

   

200710

今年から米子高専建築学科4年生の設計課題を非常勤で担当することになりました。 授業を受ける生徒がちょうど自分が社会人になった年に生まれた学年ってことで、感慨深くなって、初日のレクチャーに、生まれてから独立するまでと、独立してからの木造物件10選の解説、2部構成のパワポ用意して挑みましたが、自分的には反省点が山積み。 続く設計指導はもう少し肩の力抜いて挑みます!

   

200625

DOG一級建築士事務所斎藤さん、建築家高栄智史さんと共に、地元協力事務所で参加していた「やすぎはく愛クリニックプロポーザル」、結果は惜しくも次点。6月の頭の話ですが、プロポ2次審査翌日には、プロポメンバー + 所員と共に、数年ぶりの投入堂へ。 時間無さ過ぎて、体力ギリギリのスピードで上り、颯爽と下りましたが、二人は東京への飛行機を乗り過ごしてしまい、新幹線で帰京するなど事件もありました。 きっと僅差の次点と思うと悔やまれますが、斎藤さん、高栄さんとの良き出会い、良き刺激を頂きました! また必ず出会おうと思ってます。

  

200507

4日後に8ヶ月の入院を経て、実家に父が戻ってきます。 簡単な介護予防改修だけれど、簡単に人に頼むのもなんか嫌だったので、先週の日曜と4連休で手すりの設置と段差の解消に励みました。 上の写真は水道管を組み合わせた手すり。 一度、手すりに水道管を使ってみたかったのもあるけれど、段差が始まる前から、手すりがある状態に持ち出しをつくりたかったので、エルボが多くなって持ち出し部分のジョイントは全て溶接して固めました。

上り框に一段追加、松を加工したけれど、125ミリのマルノコが火を吹いた!

半分は手ノコで筋トレになりました。 テーマは実家っぽくなので、それなりに違和感なくできて満足。

下地補強にメルサワを加工したものを組んで、壁仕上げの下にいる下地にビス止め。 普段はあまり木の着色しないけれど、築40年の実家っぽい感じで着色。

父の寝室となる和室の縁も、段差を解消したり。 掃除のことを考えて床はコルク。

子供の日にはなぎのぼりも上げたけれど、ステイホーム週間で家に居れたのは、最終日の午後だけでした。最近ブログの更新もサボってたんで、ちょこちょこ進行中のプロジェクトもアップしようと思います!