BLOG

191226

土地との出会いは縁だと思う。 写真は5年前(2014年)の秋、自宅 “岡成の家” 基礎工事完了の様子。 東に大山を仰ぎ、田んぼと畑に囲まれた敷地。 住宅を建てる上で土地を探す場合、その家族にあった土地をサクッと見つけれることもありますが、僕たち家族は岡成の土地に出会うまで、それなりに時間が掛かりました。 来年は宅地建物取引士受験しようかと思うほど、今年は施主さん共々土地探しに苦労することが多かったので、自分の経験として僕たち家族が土地を探して、家を建てるまでの経緯を振り返ってみようと思いました。

https://gramdesign.exblog.jp/13418652/
2010年4月、米子市祇園町にある土地を見つけて、RC造3階建ての構想をするが、お金が借りられず頓挫。

https://gramdesign.exblog.jp/17655104/
2012年6月、新たに米子市東山町の狭小地に木造2階建ての構想をするが、土地の売主さんの都合が変わって売買しても貰えず、気に入っていた土地と計画であったために、ココよりも良い住宅が建てれそうな土地でないと納得できず、土地探しも難航。

https://gramdesign.exblog.jp/20365898/
2013年9月、米子市岡成に土地を見つける。 借り入れの予算も限られていたため、当初は狭小地で土地の予算を抑えることを考えていたが、大きな土地で坪単価がすこぶる安い場所に計画を切り替える。 とにかく大山が素晴らしくきれいに見える場所で、朝焼けがきれいな日には泣けるぐらい絶景。 隣の家までも距離があるので、多少うるさくしてても怒られない。 友人の家も近所にあり、以前から良い場所だと聞いていたので、安心して住まいを構えることが出来そうにも感じていた。

https://gramdesign.exblog.jp/21355061/
2014年1月、基本設計が固まる。

https://gramdesign.exblog.jp/22835986/
2014年8月末、地鎮祭も終え工事も着手。

https://gramdesign.exblog.jp/23667463/
2015年2月、住めるところまで工事も完了してお引越し。

当初、自分は新築を建てなくても、街中でビルでも直して事務所兼住宅で住めれば良いと考えていたのですが、家族の希望を聞いて新築に計画をシフト。 土地を探して妄想建築を構想して岡成の土地に出会うまで3年半。 土地を決めてから引っ越しまで1年半。 土地探しを初めて家が建つまでに5年。 岡成に移り住んでから、もうすぐ早5年が経過しようとしているのが現段階。

もう死んじゃった大好きな思想家の先生が、妻が亡くなってからは望郷の念(具体的には北海道の故郷の風景を思う気持ち)しかないという話をよくされていたこともあり、自分たちの子供にとっては、自然いっぱいの素晴らしい景色の場所に実家をつくってあげることが出来て、長い時間かけて土地を探した成果もあったと感じているのが今の状況です。

上記はあくまで個人的な体験談ですが、また具体的に土地を探す際に気をつけることや、家のこと、住まいのことなどについても書いていけたらと考えています。

   

191225

新築の建物を設計する上では、必ず模型をつくってきました。 キッチンなど家具の模型もつくることもよくありますが、どうして模型なのか。 独立する前は、(師匠の意向もあり)プレゼンでもコンペでも、模型よりもCGに時間を注ぎ込んでいましたが、外観は視点の取り方で誤魔化しも効き、広角の視点にすればインテリアも見栄えがしやすく、効果的なショットをつくってしまえば、良い内容に見せれるというCGの使い勝手の良さを ネガティブにも感じていました。

私達は設計を行う際、まず敷地周辺の建物ボリュームをつくり、そこに構想した建築案の模型をのせ、打ち合わせを重ねます。 概ね基本設計の段階では白模型、実施設計の段階で質感や色彩の反映させた模型をつくってきました。

模型で打合せを行うと良いことは、外観やインテリアをワンショットで見せるだけでなく、外側と内側という異なった条件で成立している建築物を 一度に把握することが出来るということ。 周辺建物を模型にしておく利点は、構想した建築と周辺とのバランスを把握することが出来るということ。 “模型をつくる”という行為は、設計を実際に”手で練り考える”という手段でもあります。

模型をつくり続けてきて、良いこともありました。 今まで建築した建物の模型を同じ縮尺で事務所に並べて溜め込んでいるので、新しく仕事をさせていただくことになった物件の案が、予算規模に見合った建築であるか、これまでの模型のボリュームと見比べ、クライアントにもわかりやすく、希望も伺いやすくなってきたと感じています。

↑ おまけ。 上で模型写真の事例として掲載した”日吉津の家“では、軸組模型で2通り木構造の組み方を検討していました。 健全な建築は、美しい骨格から!と考えているので、いつも基本設計の段階で、軸組模型をつくり、構造の基本的な組み方、耐力壁の位置などを検討しています。

191220

グラムデザインのホームページを少しだけバージョンアップしました!
 
 
と、もうヒトツのお知らせ。 ブログのカテゴリーに"建築のこと"を追加しました。 以前は業務日誌(このブログ)の中で、どのような考えをもとに設計を行っているか、どのように現実のものとして建築しているか、物件の進行状況を紹介する中で、具体的にお伝えできていたようにも感じるのですが、土地探しで難航することや、時には計画が途中で頓挫することもあり、初動の計画が紹介しにくく感じ、自分たちの仕事を具体的に伝える!という任務も少し疎かになっていたと反省しています。 満を持して!というと大袈裟ですが、自分たちが設計する上で大切に考えていることや、大きく括って建築に関することも合わせ、少しずつでも書いていけたらと考えています。

191217

[project 056/ 意宇南の家]
意宇南の家 建築日誌。 引き続き大工工事がメインで進行しております!

外壁下地、面材の貼り付けが進行中の図。

サッシ取り付けが完了し、透湿防水シート貼りが進行しましたの図。

そして本日! 木製建具枠、庇の大工造作も完了しています。

内部、2階は天井一杯の引き込み戸が走る隠蔽のスリット下地を設置。

1階の様子、外部用の木材下地が置かれていますの図。

先週、水道とエアコン先行配管が完了しました。

そして本日、電気工事も粗配線が進行し、スイッチ、コンセント、弱電関係の位置を施主さんと現地確認して、追加と変更など。

↑ おまけ。 2階木製建具枠近景。
西浜佐陀の家と似たディティールとなっております。

意宇南の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2019/12/04/

   

191205

[project 055/ はまもと整形外科呼吸器内科クリニック増築工事]
はまもと整形外科呼吸器内科クリニック増築工事、引き渡しが完了しました。 先週土曜にお引越し、今週月曜より増築部分でも診察が始まっております。

増設された検査室。

診察室。

スタッフ休憩室。

限られたスペースでの増築であったため、開口部の設定に苦心しました。

先週今週と天候に恵まれず、厚い雲の下に見えた一瞬の晴れ間に撮影。 改めて青空の下で外観も撮影させていただきたいと思います!

はまもと整形外科呼吸器内科クリニックさんのHP
http://hamamoto-seikei.com/

はまもと整形外科呼吸器内科クリニック増築工事 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2019/11/25/

   

191204

[project 056/ 意宇南の家]
意宇南の家 建築日誌、優れぬ天候ですが、今日も晴れ間が見えました。

板金工事が進行していますの図。

大屋根は竪ハゼ拭き、下野は平葺き。

屋根工事は樋を除き、残すは換気棟まで。

内部。

筋交い、間柱、マグサも取付き、構造用金物も全て取り付け完了!

2階足場より。

外壁下地の面材貼り、サッシ取り付けが引き続き進行します。

意宇南の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2019/11/28/

   

191203

11月29日の FRIDAY NIGHT MARKET「金太郎夜市VOL.14」、Y Pub&Hostl 店内奥に、人生相談用に製作したMDFテーブルと、今回用限定ではないけれどホームセンターの材料だけでつくる屋台(試作)で陣取り、「グラムデザインの人生相談」で参加してきました!

建築の相談だけだと枠が狭いかなと考えての人生相談でしたが、建築や住まいのこと、つくることについての相談も多く、恋愛や仕事の相談など幅広く相談をいただきました。 人生相談初の割には良い回答も出来たかなと自画自賛! ニギニギして楽しいイベントでした。「金太郎夜市」もまた参加したいし、ロゴもつくったから、違うイベントにも人生相談で参加してみようかな!と画策しています。

  

191129

いよいよ本日!

Y Pub&Hostl 2019年11月29日 18:00-22:00
FRIDAY NIGHT MARKET「金太郎夜市VOL.14」に
「グラムデザインの人生相談」で参加してきます!

  
http://y-tottori.com/blog/archive/201911-193.php
↑ イベントの詳細はコチラ!
  
小5の娘に中二病と揶揄された建築の専門家が、アシスタントの意見も交え、知人にはちょっと相談できないようなヘビーな相談から、他人の意見も少し聞いてみたいというようなライトな相談まで、一緒に解決策を考えようとまではいかなくても、誰かの晴れない心のモヤモヤや心配を少し楽にしてみようという! というのがこの企画。 視点を変えれば、希望も見える。さあ話してください!
(※建築や住まいに関する相談にも対応可能です。)

鳥取市に泊まりも久しぶりで楽しみ。
最近出会えてない方々にも出会えると嬉しいなと!
時間終了後は自分達が誰かに人生相談のってもらおうかな。