180416

よなご脳神経クリニック 内覧会のお知らせ。

2018年4月22日(日曜) 10時~16時に内覧会が行われます。
http://yonago-brain.com/news/内覧会のお知らせ/
詳細は上記のURL(クリニックのHP)を参照ください。
開院は2018年4月24日(火曜)となります。

http://yonago-brain.com/
↑ よなご脳神経科クリニックのホームページがオープンしています。

http://gramdesign.biz/works/higashihukubara/
WORKS>よなご脳神経クリニックに、竣工写真を掲載しています。

http://gramdesign.biz/category/field/よなご脳神経クリニック/
BLOG>米子脳神経クリニックに、建築業務日誌を掲載しています。

   

180413

[project 052/ アサイ理容店]
昨日に引き続き、またもや新規掲載のプロジェクト、アサイ理容店 建築日誌!
コチラは解体を終え、壁天井の大工工事を終えました!

建築工事は辻工務店さん、電気はフクダ電気さん、水道は船原設備さんの分離発注工事。 担当大工は上道の家を担当してくれたヌノムラさん。 今回は内装は針葉樹合板9ミリに、明るいグレーの塗装、ローラーで捲ります。

ファサードはフロントサッシを撤去し、腰壁のコンクリートブロックを積んでもらい、上部を単板8ミリの風圧で耐えれるガラスの面積に抑えるように設計。

2面のセット台を設置する中央の自立壁には、下地用の杉材を凸凹になるように貼り、凹の部分に板を差し込めば棚が増やせるように考えています。 もとより針葉樹合板は下地に使われる材料でもあるので、後のDIYはどこをとっても簡単といえば簡単にできるというつくり。

バックヤード、自立壁の上部から入る光がキレイに写った。 簡素な材料でつくりますが、記憶に残るナイスなマチの床屋さんを目指してます!

   

180412

[project 051/ 上萬の家]
新規掲載のプロジェクト、上萬の家 建築日誌! いつもお世話になっていますの米澤圧送さんが、窓にブームを突っ込んで、いつもお世話になっていますの辻工務店スタッフさん達とコンクリートを打設してくれてますの図!

本物件は一般の戸建て住宅を一部改装するプロジェクト、解体工事が終わり、床下の防湿コンクリートが本日の工程。 解体して剥ぐってみないと解らない心配なところもありましたが、想定通りにつくれそうな気配。 コンクリートが固まれば、大工の床組みを始めます。

改修工事をする、LDKと玄関部分の模型。

内観パースは良く見えてしまいがちなので、やはり模型で手で練り考え、施主さんともコレを元にコンセンサスをとるほうが良い気がしています。 模型をつくるにしても、詳細を描くにしても、手で練りってトコが重要で、翌日にでも見直してイマイチかなと感じれば、その都度修正を掛けて実際につくる用の図面(実施設計図)を描ききっております。

   

180411

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 昨日、心配していた風もなく穏やかな天気の中、上棟の日を迎えました。

土台敷きは終えていました。 まずは1階、管柱を立てます。

通し柱も立て終え、1階の梁掛け。

2階床組み。

1階リビング、化粧構造現しの材を掛けますの図。

2階床下地は24ミリ厚の構造用合板。 防音のため、これにプラスターボードを捨て貼りして、フローリングを貼ります。

2階も梁が掛かりましたの図。

小屋束を立て、母屋を渡します。

翌日の雨に備え、粘着シート + ブルーシートで養生。

棟木も取り付け、垂木掛け。

垂木間、母屋と棟木の上に、垂木の転び止めまでを施工して片付けに。 続いて、屋根仕舞いの板金工事や、構造の筋交いや金物、間柱等の大工工事が進行します。 本日もいつもお世話になっていますの吹野板金さんと打ち合わせをしていただいたり。

↑ おまけ。 西浜佐陀の家、2階リビングからは宍道湖が広く見渡せます。 狙い通り、気持ちの良い家族の居場所が出来そうです。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/04/09/

   

180409

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 昨晩深夜、島根県西部で比較的大きな地震があり西日本が大きく揺れましたが、同じ島根県で明日上棟です。 構造模型ブログに掲載していませんでしたが、軸組もいつも通り模型でも検討して設計しておりますの図。

岡成の家灘町の家上道の家日吉津の家に引き続き、西浜佐陀の家も大工が手刻みで継ぎ手を加工しています。

1階リビングの天井現しの材を施主さんと一緒に、辻工務店さんの作業場で並び順も確認したり。 明日も晴れそうですが、毎物件上棟の晴れ続きが特殊能力の域! 地震もまだ落ち着いているか解らないのと、宍道湖沿いのため風もあるので、気を抜かずに頑張ろうと思います。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/03/22/

   

180330

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌、竣工写真の整理も完了。 桜も咲きました!

WORKSに竣工写真の掲載も完了。

待合室から眺める庭。

枚数が多くなるので夜景は掲載しませんでしたが、大庇を明るく照らし、まちの風景も寄与するクリニックが出来たと感じています。 4月からスタッフさんも含めて開業準備が始まり、4月22日に内覧会、4月24日にいよいよ開院です。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/03/21/

  

180322

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 解体工事を終え、地鎮祭を行い、基礎工事に着手。
水産資源も豊富な宍道湖に近接する敷地に建築する住宅です。

よなご脳神経クリニックにも引き続き、施工はいつもお世話になっている辻工務店さんです。 地縄を張ってもらい、建物の位置も施主さんと再確認。

そして、地盤改良に着手。

辻さんとこの作業場には構造材も到着。

構造材は手刻み、一本一本墨付けが進行しています。

化粧材の選定では、もう少し素性の良いものを追加しようかなど相談したり。

そして現地。 地盤改良も完了し、掘方、型枠を終え、いつもお世話になっていますの遠澤工業さんが鉄筋工事。

手早く正確に組んでくれているので、サクッと鉄筋検査も終え、明日基礎底盤打設の段取りです。 上棟式の日取りも、4月10日に決まりました。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/02/15/

  

180321

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌! 先週は 日吉津の家でもナイスな仕事を披露してくれた前田造園さんの植栽工事が進行しました。 前田造園さんには、米原の家三本松の家彦名の家新開のクリニックでも植栽でお世話になっています。

まずは土作りから。

通学路側に植栽をして、小学生にも優しいクリニックを。

敷地南西側より。

LEDのバックライトを仕込んだチャンネル文字の看板。 自転車小屋東側は敷地から引いた場所からもよく見えるので、壁面横いっぱいを使ってサインとしました。 ロゴ、看板のデザインはうかぶLLCの三宅さん。 サイン工事は染創さんにお世話になっています。

待合室前の庭。 地中にも空気が行き届くように竹を刺して埋め、枝葉などを表層より下に埋めてくれています。

植栽工事も粗方完了の図。 写真では伝わらないけれど、表層に巻かれた木のチップも良い香り。

廊下に面する中庭。

内部、ピクトもうかぶの三宅さんのデザイン。 体験入社中の新卒さんと一緒にピクトも貼ってくれました。

↑ おまけ。 植栽工事終盤、土曜日の午後。 庭づくりしている前田さんたちが楽しそうに見えたようで、近所に住んでいる小学生の二人が仲間に加わっていましたの図w

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/03/10/

 

180310

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌、辻工務店さんの建築本工事もほんとに後少し! 上の写真は、美装を終えた晴天の今日。

自転車小屋兼看板は、LEDバックライトのロゴと箱文字を取り付ける工事のみ。

こちらは道がクランクしてあまり見えないので大きな看板は付けませんが、反対に大きめのサインをつけます。 エントランス側、道路脇にも自立看板が残工事。

空が青いのが嬉しくて外観を撮影してみたり。

今月の工事の様子。
いつもお世話になっていますの KICK’S の皆様がシナ合板を染色してくれました。

多林製作所さん、建具と家具を据え付けてくれました。
美装も終わって、ようやく現場もキレイに。

診察室。 処置室、検査室へと、ストレートなスタッフの動線。

処置室より。

リハビリ室。

待合室。 国頭家具さんよりベンチも到着。

Kitoki の WA+KO SERIES。 少し懐かしい感じのかわいいベンチです。 今日は、スタッフのみなさんも初めてお互いに顔を合わされ、和気あいあいとユニホームを選んだりされていましたw 来週には建築工事を終え、植栽工事が着手となります。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/03/02/

  

180302

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌、工事終盤の様子。
ようやくガラスも嵌りました!

2月24日、アスファルト舗装。

2月25日、ガラス面の養生を撤去し木部の塗装。

2月26日、木製建具の建込みと、ガラス面の施工。

2月27日、軒下のモルタル刷毛引き。

看板も兼ねる自転車小屋も同時並行に進行。

屋根、シート防水を施工。

外壁、小波板貼りの様子。

夕日ヶ丘の家新開の家米原の家と同様に、出隅なども役物を用いず、出隅でキレイに折り曲げておさめて貰っています。 設計段階で山のピッチ(約32mm)で丁度に出隅がくるよう下地同縁の厚さも考え設計していますが、若干の伸び縮みなど、何処で寸法を逃げるかも現地で話したり。 吹野板金の番頭さん、いつもお世話になっているので、直ぐに設計の意図も汲んでくれ、打ち合わせも短時間でスムーズ。

巨大ガラス面、シーリング工事。 コチラもいつもお世話になっている職人さん。 今日はいろいろガラス廻り以外も相談したり。

内部よりガラス面を見るの図。 日吉津の家上道の家灘町の家岡成の家大社の家三本松の家彦名の家中島の家と、既に10年やり続けてきた、建具の框を内部から柱や梁や枠に被せて見せないつくり方。

120mm巾の柱に、60mm見付けの建具縦框を二本おさめてます。 高さが3.5m近くある建具なので、設計段階からいつもお世話になっている多林製作所さんにも、相談を重ねてきた建具。

↑ おまけ。 受付カウンターの細かなつくり方を模型で確認し、多少の設計変更を行なったり。当初の工期より全体的に少し押していますが、ホントのホントに終盤になりました。 明日は、室内建具等の建て込みです。

よなご脳神経クリニックのティザーサイトがオープンしています!
http://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/02/19/