220228

[project 066/よなご脳神経クリニック リハビリセンター]
よなご脳神経クリニック リハビリセンター 新築工事。 2月、外装工事ガルバリウム鋼板スパンドレル張りが進行しました! 上の写真は看板の大きさを実際に貼ってみて確かめていますの図。

雪の中でも外部工事が進行。

役物を用いず丁寧に。 全面スパンドレルで張りまわして頂きました。

軒天塗装も完了。 建物外部は、器具付け、雑塗装、コーキングなど。

リハビリ室全面、リハビリ機器が入れ替わってもフロアコンセントなどの追加がしやす、耐荷重のフリーアクセスフロア(OAフロア)とします。 パネル敷きの前工事でフロアの不陸を解消するレベラー(左官工事)を施工しますが、写真はレベラーの前段階、密着性を高めるシーラー塗りの様子。 4月上旬~中旬には建築工事も粗方完了の予定。 工程はその後に、外構工事を残します。

よなご脳神経クリニックさんのHP
https://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック リハビリセンター新築工事 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2022/02/04/

よなご脳神経クリニック リハビリセンター新築工事 模型写真はコチラ(↓)
http://gramdesign.biz/2021/11/05/

   

220226

[project 068/かいじょう薬局]
河端循環器内科医院さん最寄りで設計しておりました、かいじょう薬局さんが無事上棟しました! 1間(1.82M)跳ね出す大庇をもつ薬局さんです。

地盤改良完了の図。

ハンチ基礎、鉄筋密です。

道路面はドライブスルーも設けるため、もしもに備えて高基礎に。

4時には屋根合板下地も完了。

屋根、改質アスファルトルーフェィングまで。

工期詰め詰め、急ピッチで現場進行する予定です。

おまけの一枚、模型写真。 外装はガルバリウム鋼板小波板、屋根端部を円弧につくります。

   

220224

[project 065/彦名の家3]
彦名の家3 現場日誌。 前回ブログで上棟延期をお知らせ後、更新遅くなりましたが、2月7日無事上棟しました!

切妻大屋根の単純なカタチで合理的に創る、9間(16.38M)のアルミサッシ面より大山を仰ぐ住宅です。

彦名の家3 前回業務日誌
http://gramdesign.biz/2022/02/05/

彦名の家3 模型写真はコチラ(↓)
http://gramdesign.biz/2021/12/14/

   

220205

[project 065/彦名の家3]
彦名の家3 現場日誌。 基礎工事も終え、上棟式の予定でしたが、屋根も5寸勾配ということもあり、天候の悪化に備えて棟上げは延期。 本日はお清めと建て始め(たてぞめ/柱を建て始めること)までとしました。

丁張り(建物の位置と高さを出す作業)を終え、基礎全体、基礎人通口補強部分の掘方までの様子。

鉄筋検査。

基礎底板、コンクリート打設。

施工担当辻工務店さん作業場にて。 木構造手刻みを終えましたの図。

段取り良く、桧の建具木枠も加工。

建物外周を囲う土間配筋と並行し、土台敷きが進行しました。

外周土間コンクリート打設完了し、上棟を控え外部足場まで。 数日前の予報で言うほど、山陰の天気は荒れてはないですが、北陸では大雪に注意とのこと。 大きく荒れなければ、来週頭に棟上げを行います。

彦名の家3 前回業務日誌 (模型写真もコチラ↓)
http://gramdesign.biz/2021/12/14/

  

220204

[project 066/よなご脳神経クリニック リハビリセンター]
よなご脳神経クリニック リハビリセンター 新築工事、外装ガルバリウム鋼板に納期が掛かり、なかなか外壁仕上げに着手できていませんが、内部木工事は大きく前進しております!

外部軒天下地張りの様子。

リハビリ室全面内部足場を組んで、天井木工事に向ってくれていますの図。

2階、壁断熱材充、天井断熱材敷設も終え、天井仕上げ進行中の様子。

1階、天井仕上げ完了の図。

階段スチール部分、踏面跳出し側を天井から丸鋼で吊るデザインで納めました。

2階は内壁下地張りまで完了。

おまけの一枚。 いよいよ来週より外壁の板金工事に着手です!

よなご脳神経クリニックさんのHP
https://yonago-brain.com/

よなご脳神経クリニック リハビリセンター新築工事 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/12/28/

よなご脳神経クリニック リハビリセンター新築工事 模型写真はコチラ(↓)
http://gramdesign.biz/2021/11/05/

   

220203

[project 064/ 河端循環器内科医院]
河端循環器内科医院 新築工事、現場日誌。 ついに舗装工事も完了、受電も完了し、照明なども使えるようになりました!

外構工事が進行中の様子。

看板用擁壁、コンクリートはつり仕上げ面に、LEDバックライトのステンレス箱文字看板を設置します。

舗装工事完了の図。

内部待合室、受付事務スペースの家具据え付けも完了しました。

診察室。

1階廊下。

処置室や検査スペースから、診察室、受付事務スペースにまで至るスタッフ動線。 近接する道路からの視線を避けるため、室内側から見て窓下端をアイライン程度の高さに設計しています。

階段ディティール。

院長室。

スタッフ通用口からは、ストレッチャーでも処置室へ直線的に入れる平面計画としています。 電子錠付きの引戸は、錠前の付け方が通常だと配線部分が壊れやすいため、自分の師匠が工夫していた納めていた方法を拝借しました。

引き渡しまではあと2週間、4月3日のクリニック内覧会、4月5日の開院を予定しています。

河端循環器内科医院 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2021/12/25/

河端循環器内科医院 模型写真はコチラ(↓)
http://gramdesign.biz/2021/04/21/

   

220201

[project 063/田後のアトリエ住居]
田後のアトリエ住居 現場日誌。 上棟その後、屋根工事も終了し、ブルーシートの風除けの中、工事が進行しています!

外壁全周、構造用面材を施工し、透湿防水シート張りに着手の段階。

外壁貫通処理も完了し、外壁下地竪同縁に杉板赤身を下見板張りを施工の様子。

軒天杉板張り完了。

木製建具枠を施工し、外壁杉板下見板張りが進行中の図。

外装の杉板張りもあと少しです。

内部、構造関係の筋交い、構造用金物も完了し、電気配線、機械設備配管が進行。 外装が完了したら、内部木工事にも本格的に着手してきます。

おまけの一枚、南側ファサード。 田後のアトリへ住居、南北に対象のファサードを持ち、ボリューム中央南北に、引分けの木製建具を設置する、抜けのあるリビングを持つ住宅です。

田後のアトリエ住居 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2022/01/10/

田後のアトリエ住居 模型写真はコチラ(↓)
http://gramdesign.biz/2021/11/09/