201001

令和2年度の米子高専建築学科4年生の設計課題「加茂川沿いの木造住宅」、非常勤講師の任務が完了しました。 リモート授業明けの7月より、課題発表とレクチャー、2度のエスキスチェックを重ね、昨日が講評日。 最終日は同じく地元米子のクルマナオキ先生とご一緒に、丸一日の講評会となりました。 自分は家族構成の提案から敷地の読み方も感よくスムーズに設計を進めれた生徒、ダメ出しをくらってもイチから素直に課題と向き合い頑張りが見えた生徒の案をチョイス、プラス2案をクルマ先生に拾ってもらって、本課題の高評価となりました。

同課題で一昨年とその前の年に、高評価の生徒だけの講評をイベント的に担当していましたが、途中エスキスチェックも見ると、それぞれの生徒の個性も垣間見えて、自分も楽しく教えることが出来ました。 良い経験にもなりました。 米子高専さん、来年度から学科再編ということで、カリキュラムも大幅に変わるみたいなので、来年自分に非常勤の機会があるかは分かりませんが、また声掛けて貰えたら、喜んで担当させて貰おうと思っています。