200302

[project 056/ 意宇南の家]
意宇南の家 建築日誌。 外部吹付けも完了! 土間塗りなど左官工事が進行中。 今週には外部足場も撤去、建物の全景がもうすぐ見れます。

昨日日曜、施主さん夫婦、施主さん友人3人、日曜にも関わらず床塗り作業を手伝ってくれた辻工務店現場監督芦谷さん、ウチのスタッフ磯江+自分で計8名、マンパワーもあり1階床塗り作業も半日で終えました。

先週塗り終わったカバ桜の床も、ほんのりピンク掛かって良い色合い。 粗方外装は終わり、残る大仕事は木製建具廻り。 ひとつひとつ工事も着実に進行、描いた図面が実現する瞬間がとにかく嬉しい。

建具廻りはとにかく描く。 入隅、出隅も蜜実に計画する。 機能、強度、見せ方を同時に考える。 破綻なく楽しんで考える。
 
 

 
毎度工事に関わってくれる各職方にもアドバイスも貰いながら、伝わる図面、つくれる図面でとにかく描く。 細部の寸法処理、指定する加工処理の方法など、毎回クライアントのキャラクターにも合わせたつもりで、写真だとわからないかもしれないけれど、ちょっとした差異を工夫したりもしています。

 
↑ おまけの一枚。 内部建具が入って実現したものを見るのがとても楽しに感じている箇所。 天井に切ってある溝に建具の肩が走ります。

意宇南の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2020/02/22/