191226

土地との出会いは縁だと思う。 写真は5年前(2014年)の秋、自宅 “岡成の家” 基礎工事完了の様子。 東に大山を仰ぎ、田んぼと畑に囲まれた敷地。 住宅を建てる上で土地を探す場合、その家族にあった土地をサクッと見つけれることもありますが、僕たち家族は岡成の土地に出会うまで、それなりに時間が掛かりました。 来年は宅地建物取引士受験しようかと思うほど、今年は施主さん共々土地探しに苦労することが多かったので、自分の経験として僕たち家族が土地を探して、家を建てるまでの経緯を振り返ってみようと思いました。

https://gramdesign.exblog.jp/13418652/
2010年4月、米子市祇園町にある土地を見つけて、RC造3階建ての構想をするが、お金が借りられず頓挫。

https://gramdesign.exblog.jp/17655104/
2012年6月、新たに米子市東山町の狭小地に木造2階建ての構想をするが、土地の売主さんの都合が変わって売買しても貰えず、気に入っていた土地と計画であったために、ココよりも良い住宅が建てれそうな土地でないと納得できず、土地探しも難航。

https://gramdesign.exblog.jp/20365898/
2013年9月、米子市岡成に土地を見つける。 借り入れの予算も限られていたため、当初は狭小地で土地の予算を抑えることを考えていたが、大きな土地で坪単価がすこぶる安い場所に計画を切り替える。 とにかく大山が素晴らしくきれいに見える場所で、朝焼けがきれいな日には泣けるぐらい絶景。 隣の家までも距離があるので、多少うるさくしてても怒られない。 友人の家も近所にあり、以前から良い場所だと聞いていたので、安心して住まいを構えることが出来そうにも感じていた。

https://gramdesign.exblog.jp/21355061/
2014年1月、基本設計が固まる。

https://gramdesign.exblog.jp/22835986/
2014年8月末、地鎮祭も終え工事も着手。

https://gramdesign.exblog.jp/23667463/
2015年2月、住めるところまで工事も完了してお引越し。

当初、自分は新築を建てなくても、街中でビルでも直して事務所兼住宅で住めれば良いと考えていたのですが、家族の希望を聞いて新築に計画をシフト。 土地を探して妄想建築を構想して岡成の土地に出会うまで3年半。 土地を決めてから引っ越しまで1年半。 土地探しを初めて家が建つまでに5年。 岡成に移り住んでから、もうすぐ早5年が経過しようとしているのが現段階。

もう死んじゃった大好きな思想家の先生が、妻が亡くなってからは望郷の念(具体的には北海道の故郷の風景を思う気持ち)しかないという話をよくされていたこともあり、自分たちの子供にとっては、自然いっぱいの素晴らしい景色の場所に実家をつくってあげることが出来て、長い時間かけて土地を探した成果もあったと感じているのが今の状況です。

上記はあくまで個人的な体験談ですが、また具体的に土地を探す際に気をつけることや、家のこと、住まいのことなどについても書いていけたらと考えています。