171027

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌。 昨日から棟上げの作業に入り、今日の午前中に梁掛けが終了しました!

昨日は梁掛けの8割程度のところまで。 本日の朝からの作業で10時頃には梁掛けが終了しました。 一気に大人数で組み上げる木構造の上棟、毎回心高ぶります。 続く作業は垂木掛け、そして屋根下地。 明日の朝から週末の悪天候に備えてルーフィングの段取りです。

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/10/25/

   

171025

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌。基礎工事が完了し、外部足場が設置され、土台敷きが進行し、レッカーが到着し、構造材の搬入されました。いよいよ明日、明後日、上棟します。

人工乾燥機から出てきた材の確認。

プレーナー加工された材、何処で使うか、どの順で、どの面を見せるか確認を行なったり。

登り梁軒先など、一部手加工の様子を覗いたり。 大山プレカットさんにも何度も脚を運びました。

敷地にて、基礎工事完了の図。 床仕上げのレベラーを施工したいところでしたが、風が強い日が続いたため、レベラーの施工が出来ず、土台下の天端モルタルを塗って頂き、床のレベラーは上棟後の工程に。

昨日、土台墨出し、及び、外部足場設置、土台敷き開始の図。

そして本日、構造材搬入の図。 日吉津の家上道の家米原の家灘町の家新開の家岡成の家夕日ヶ丘の家米川の家彦名の家2淀江の家でもお世話になってきた大工が棟梁で大工工事を担当してくれます。

↑おまけ。 はまもと整形外科クリニックさんでもそうでしたが、木造でそこそこ大きな室内空間をつくる必要があるため、金物工法を用い、大梁の断面欠損を最小限に納める設計としています。 先週末の台風が過ぎ去って、また週末には新しい台風が来るという見込みのようですが、明日と明後日は晴れ間が見えそうです。 木構造による大庇を特徴にもつクリニックなので、施工業者である辻工務店さんを始め、協力業者の大山プレカットさん、福本製材所さん、構造材の選定も、出来る限りの努力をしてきてくれました。 明日、明後日の棟上げ、無事構造が上がる姿を思い浮かべたら、早くも胸が熱くなってきてしまいます。

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/10/04/

   

171004

[project 049/ よなご脳神経クリニック]
よなご脳神経クリニック 建築日誌。 逆梁のコンクリート打設の様子。 約1ヶ月ぶりの現場日誌の更新ですが、着実に基礎工事が進んでいます。

基礎梁脱型後、埋め戻し、砕石転圧、地中配管、及び、配管を終え、防湿シートを施工し、断熱材を敷き込み、土間配筋進行中の図。 鉄筋工事は、いつもお世話になっていますの遠澤工業さん。

構造材の確認へ大山プレカットへ。施工元請け辻工務店さん、長い長い付き合いという福本製材所さんに協力していただき、本当にキレイな米松の梁を集めてくれました。

8寸、2間半の梁。 待合室やリハビリ室で使います。

12寸、2間の梁。 8寸の梁を受ける大梁です。 現在、構造材は人工乾燥機の中。

再び現場へ。 型枠終了、配管一部手直しの図。

そして本日、土間コン打ち。

普段の行いも良いので晴天w

土間から頭を出している柱脚金物、いつもお世話になっていますの津田鉄工さんに、この現場のために製作していただきました。 上棟日10月26日と27日を目指し、着々と段取りを進めています。

よなご脳神経クリニック 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/09/08/

   

171002

岡成の家 (House in Okanari)
 
大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌。 9月は小屋の片付け強化月刊でありました! とにかく端材を消費。 適当にというと言葉が悪いけど、有るものノリであまり作為的にならず、そんなに役に立たないモノを創るのは本当に楽しい。

東側、棒っきれみたいだった欅(ケヤキ)が伸びてきたので、恐ろしくなって移植の準備をしたり。

昨年みたいに娘は手伝ってくれなかったけれど、ニンニクを増殖させたり。

鳥小屋を長女と相談しながらつくったり。

小屋、スチール棚を目一杯に組んでたのを半分にして、だいぶ整理が出来た。自転車も吊って邪魔にならなくなった!

↑おまけ。 鉄の棒で隠しているけど、右目には青タンの次女。 2週間前にブランコから落ちて、緊急入院を経験。 幸い頭も大丈夫で、骨折もなく一日で退院でした。 付き添いで朝まで一緒にいたけれど、岡成の家とは周辺環境も建物の構造も違って、外に虫の声も聞こえず、自然と離れたトコロに隔離された感じに違和感。 青タン、もうすぐ完全に消えそうです。

岡成の家 前回の日常日誌
http://gramdesign.biz/2017/09/03/