170731

[project 042/ 日吉津の家]
日吉津の家、建築日誌! 7月下旬まで、トップページには掲載していましたが、8/5(土)、8/6(日)には内覧会を開催します。

外部、いつもお世話になっていますの前田造園さんが庭づくりの作業を進めてくれていますの図。

軒下、外部木製建具のガラス据付けと調整。 建具に手直しがあり、遅ればせながらやっとガラスが入りました。

暫しブログ更新をしていない間に、巨大な庭石を動かしたり。

駐車スペースの土間を打設したり。

キッチンなど、造付けの家具を設置したり。

そして、月末の2日間は施主さん夫婦と床の蜜蝋ワックス塗りを行いました。

階段室から見る2階の図。




リビング吹抜け部分の東西には、三角形の断面を持つ個室があります。

階段部分見下げ。

キッチン部分も床塗り完了!の図。


4.5畳が2つの続き間。 トコと仏壇の壁は土佐和紙貼り。

木で隠れていますがw 庭には3×2メートルの畑をつくりました。 仕切りの木枠はDIY。

1.5間×2間の平面を持つ小屋。 杉板竪貼りは実加工なし。 ジョイント部分の押縁の施工や建具工事が続きます。

日吉津の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/07/11/

日吉津の家 トップページに内覧会のご案内を追加しました。
http://gramdesign.biz/

  

170717

岡成の家 (House in Okanari)
 
大山の麓に建築した 僕達家族のベースキャンプ、岡成の家 日常日誌! 久しぶりの連休で、自分の家のコトが出来ました。 まずは、家族で体幹を鍛えるため、スラックラインを設置!

地中アンカーの設置で一日目は終了。 コンクリート平板に穴を空け、16mmのアンカーボルトを逆手使いにして埋めましたw 2日目はスラックラインを設置する台を製作し、ビカクシダもハンギング仕様に変えたり。 3日目はキッズのカバンを入れるキャスターつくったり、後回しにしてあった巨大な網戸も貼替えたり。 暑さに耐えれる限りは、目一杯日中は作業してたけど、まだまだやり足りないことダラケ!

岡成の家 前回の日常日誌
http://gramdesign.biz/2017/06/14/

   
   

170711

[project 042/ 日吉津の家]
日吉津の家、建築日誌! 7月上旬の様子。

先週の土曜日、ついに小屋も上棟!

小屋木構造見上げ。屋根下地、杉の座板を貼っていますの図。

母屋も外部足場が取れました!

母屋北面。 梅雨なので雑草の成長も旺盛。

玄関は家具工事待ちで、未だ天井仕上げれず。


軒下よりリビングを眺めるの図。

1階も、家具等取合いのない部分は天井シナ合板貼りが完了しました。

和室続き間、現況。

階段室の造作が進んでいますの図。

リビング上部吹抜けの空間。

前回日誌で取り付けの様子を紹介した座卓、養生を施した上で道具や金物などの置き場所として活用されていますw

2階個室は、大工造作も粗方完了。 残す工期も一ヶ月を切りました!

日吉津の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2017/06/29/

  

170710

先々週の週末のお話ですが、米子市岩倉町の岩倉ふらっとにて、米子高専建築学科4年生製図木造住宅優秀作品展示で、レクチャーと講評を行なって来ました。 レクチャーでは主に、あらゆる用途がある建築の中での”住宅/家”というビルトタイプの特殊性についてお話し、近年の自分の仕事を紹介。 その後、米子高専名誉教授の片木先生と優秀作6点の講評。

高専の4年生というと、大学の1年生と同い年ということになりますが、高校入学のタイミングから建築の勉強をされているということもあり、そこらの大学1年生の課題よりもよく考えられた案が提示されていたと感じます。 自分も課題の要項をよく読んで見ましたが、敷地も大きく、その中で設計課題の要項をバランスを持って提案するのは、実はとても難しい課題だとも感じました。

発表してくれた優秀作6点、試行錯誤の結果の多用さも新鮮で、生徒の個性もそれぞれ。 頑張って課題に取り組んでいる姿勢も見れて、教育の仕事も楽しそうだな! と初めて感じた一日となりましたw

https://www.facebook.com/yonago.k.archi/posts/1317908148278370

↑おまけ。 米子高専建築学科さん、FBで講評会の様子が紹介されています。片木賞は、町並みに配慮した永田くんの行灯の家。木村賞は、ひとつデザインの骨子を持ち取り組み、全体のバランスも良く考えてあった大本くんと松下くん、2名が受賞となりましたw