180613

[project 050/ 西浜佐陀の家]
西浜佐陀の家、建築日誌。 5月中旬から6月中旬まで!

外部、杉板貼りが進んでいます。

精度が必要な910/9mmの割付け、本実加工100mm巾の杉板を外壁から軒天に一枚一枚目地を通しますの図。

木製建具廻り枠組みも進行中。 外壁は7割5分程度貼れました。 上小節、といってもほとんど無節。 耐久性のある杉赤身を集めて乾燥と加工が必要なため、只今残りの材料搬入待ちです。

内部一階、天井組み、天井内、エアコン吊り込み、配管及び配線が終了し、断熱材の充填も完了。 シナ合板の天井も粗方貼れました。

外部同様、内部も精度良く大工工事が進行中。 天井に仕込まれたスリットは、建具が走る溝。

天井にエアコンが付く箇所は、ミニビスで点検のため取り外せるようにしています。 床下の点検口なども、アルミ枠の点検口などは使わず、大工工事で設計し、施工して貰っています。

西浜佐陀の家岡成の家と同じく、床は桧の無地。 通常2Mの板ですが、メーカーに2Mの在庫がちょうどなくて、運良く同じ値段で4Mを入れてくれました。

階段室、踊り場以降の折返し、鉄骨階段の吊り込みも完了。

2階、天井組み、断熱の施工が完了の図。 天井に使う杉板を仕分けしてくれています。

宍道湖を望むリビングに白太のみを使い、クローゼットなどの小部屋に赤みを混ざったもの貼ることにしました。

明るい写真だと解り難いので暗い写真も。 西浜佐陀の家2階のリビングは、宍道湖に浮かんでるような気分になれるロケーションです。

西浜佐陀の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2018/05/18/