161215

[project 048/ 上道の家]
上道の家 建築日誌! 垂木梁の大工手刻み終了、手刻みも終盤の図。

切り妻の頂点を支える棟木。

棟木の手刻み。

木製建具の枠、無地の桧も作業場に到着。

構造の柱も建具と取り合う。 これから嵌め殺しガラスの溝切りに掛かりますよの図。







建築の良し悪しは出隅入隅等の端部の処理や、建具や枠との取合いの処理がバランス良く考えられているかに大きく左右されると感じています。 上の図は、下手な設計はしたくないので、枠廻りの寸法をキメ細かく設計していますの図。

どれだけ考えたつもりでも現場で再考することも。 絵を描いて各職方と話し、全体の統合を取れるカタチで詳細を練り直し、つくり込むのであります。

本日の現場、昼からは雨が上がって外部足場組みが進行中。 週初め天気予報では雨マークだった棟上げ予定日も、今では曇りマークに変わっております。 このまま行くと晴れるかな! 予定通り、明後日の17日に上棟します。

上道の家 前回の業務日誌
http://gramdesign.biz/2016/12/07/